○千葉市消防公印規程

昭和58年4月1日

消防局告示第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、別に定めがあるもののほか、千葉市消防局(以下「局」という。)及び消防署(以下「署」という。)の公印に関し必要な事項を定めるものとする。

(平成10消防局告示1・一部改正)

(定義)

第2条 この規程において「公印」とは、公務上作成された文書に押印する印章をいう。

(公印の種類)

第3条 公印は、一般公印及び専用公印とする。

2 一般公印は、専用公印を使用する場合を除き、使用するものとする。

3 専用公印は、特定された事務の用途に限り、使用するものとする。

(公印の名称、ひな型等)

第4条 公印の名称、寸法、書体、使用範囲及び個数は、別表第1のとおりとし、そのひな型は、別表第2のとおりとする。

(平成4消防局告示1・全改、平成10消防局告示1・一部改正)

(公印事務の総括)

第5条 公印に関する事務は、総務部総務課長(以下「総務課長」という。)が総括する。

(昭和62消防局告示2・一部改正)

(公印の保管者)

第6条 公印の取扱い、保管その他公印に関する事務の責任者として、各公印についてそれぞれ保管者を置くものとする。

2 保管者は、別表第1のとおりとする。

3 保管者は、公印を厳重に取り扱い、盗難、不正使用のないよう堅固な容器に納め、使用しないときは、施錠しておかなければならない。

(平成10消防局告示1・全改)

(公印取扱責任者)

第7条 保管者は、必要と認める場合には、所属職員のうちから公印取扱責任者(以下「取扱責任者」という。)を置くことができる。

2 取扱責任者は、保管者の命を受け公印に関する事務に従事するものとする。

(平成6消防局告示1・一部改正)

(公印の登録)

第8条 総務課長は、公印台帳(様式第1号)を備えて、すべての公印をこれに登録し、異動のつど記載事項を変更しなければならない。

(公印の新調、廃止等)

第9条 公印の新調、改刻又は廃止に関する事務は、総務課長がこれを行うものとする。

2 保管者は、公印を新調若しくは改刻しようとするとき、又は公印の磨めつ、き損、盗難等により廃止しようとするときは、公印新調・改刻・廃止申請書(様式第2号)により総務課長に申請しなければならない。

3 保管者は、前項の規定に基づく申請により公印が廃止されたときは、速やかに当該公印を総務課長に引き渡さなければならない。

4 総務課長は、前項の規定により公印の引き渡しを受けたときは、当該公印を切断又は焼却等適当な方法で廃棄しなければならない。

(平成6消防局告示1・平成10消防局告示1・一部改正)

(押印手続)

第10条 公印を押印しようとする場合は、押印を要する文書に決裁済文書を添えて、保管者又は取扱責任者に提示し、審査を受けなければならない。ただし、決裁済文書の提示のできないものについては、この限りでない。

2 前項の場合において、公印を使用したときは、当該決裁済文書の所定欄にその旨を明示するとともに、公印使用簿(様式第3号)に所定の事項を記載しなければならない。ただし、文書管理システム(千葉市公文書取扱規程(平成4年千葉市訓令(甲)第10号)第2条第7号に規定する文書管理システムをいう。)により公印の使用を申請した場合その他総務課長が適当と認める場合は、公印使用簿への記載を省略することができる。

3 公印は、指定された保管場所以外では使用してはならない。ただし、保管者が特にやむを得ないと認め、事前に承認を与えた場合は、この限りでない。

(平成6消防局告示1・平成10消防局告示1・平成11消防局告示1・平成26消防局告示2・一部改正)

(事前押印)

第11条 定例的かつ定形的な文書で、その交付の日時、場所その他の関係により文書の施行前にあらかじめ公印を押印しておく必要がある場合には、前条の規定にかかわらず当該公印の保管者の承認を得て、公印を押印(以下「事前押印」という。)することができる。

2 前項の規定により事前押印した文書は、所属において厳重に保管し、常に使用状況を明らかにしておかなければならない。

3 所属長は、事前押印した文書が不用になったときは、速やかに、焼却、裁断等適当な方法により廃棄しなければならない。

(平成6消防局告示1・追加、平成10消防局告示1・一部改正)

(印影の印刷)

第12条 第4条に定める公印で、事務処理の便宜上印影の印刷を必要とする場合は、次項及び第3項により印刷し、使用することができる。

2 所属長は、印影の印刷を必要とする文書について、公印印影印刷使用申請書(様式第4号)により総務課長に申請して承認を受けなければならない。

3 前項の規定により印影を印刷した文書は、所属において厳重に保管し、常に使用状況を明らかにしておかなければならない。

4 所属長は、印影を印刷した文書が不用になったときは、速やかに、焼却、裁断等適当な方法により廃棄しなければならない。

(平成6消防局告示1・追加、平成10消防局告示1・一部改正)

(電子計算機による公印)

第13条 電子計算機を利用して証明等の事務を行う場合において、特に必要があると認めるときは、公印の押印に代え、電子計算機に記録した当該公印の印影を打ち出したもの(以下「電子印」という。)を使用することができる。

2 所属長は、電子印の使用を必要とする文書について、電子印使用承認申請書(様式第5号)により、総務課長に申請して承認を受けなければならない。

3 総務課長は、前項の申請を承認しようとするときは、電子印の不当な使用、破壊等を防止するシステム機能等が措置されていることを確認しなければならない。

4 所属長は、電子印を使用して証明書を作成する場合は、その偽造及び不正使用を防止するために必要な措置を講じなければならない。

5 所属長は、電子印を使用しなくなったときは、速やかに、電子計算機に記録した公印の印影を消去するとともに総務課長に報告しなければならない。

(平成11消防局告示1・追加)

(公印の省略)

第14条 総務課長が認める軽易な文書については、公印の押印を省略することができる。

(平成6消防局告示1・追加、平成11消防局告示1・旧第13条繰下、平成26消防局告示2・一部改正)

(事故報告)

第15条 保管者は、公印の盗難、紛失又はき損等の事故があったときは、速やかに、公印事故届(様式第6号)により総務課長に報告しなければならない。

(平成6消防局告示1・旧第11条繰下・一部改正、平成10消防局告示1・一部改正、平成11消防局告示1・旧第14条繰下・一部改正)

(使用状況の調査)

第16条 総務課長は、公印の保管及び使用状況その他必要な事項を適宜調査することができる。

(平成6消防局告示1・旧第12条繰下、平成11消防局告示1・旧第15条繰下、平成26消防局告示2・一部改正)

附 則

1 この規程は、告示の日から施行する。

2 この規程施行の際、廃止前の千葉市消防局及び消防署公印規則(昭和40年千葉市規則第33号。以下「廃止前の規則」という。)の規定により登録された公印で、その名称、寸法、書体、ひな型等がこの規程の別表に該当するものについては、この規程の相当規定により登録されたものとみなす。

3 廃止前の規則の規定により作成した公印台帳は、なお、当分の間使用することができる。

附 則(昭和62年4月30日消防局告示第2号)

この規程は、昭和62年5月1日から施行する。

附 則(昭和63年12月15日消防局告示第1号)

この規程は、昭和64年1月1日から施行する。

附 則(平成2年4月1日消防局告示第1号)

この規程は、告示の日から施行する。

附 則(平成3年3月26日消防局告示第1号)

この規程は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成4年3月31日消防局告示第1号)

この規程は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成6年3月28日消防局告示第1号)

この規程は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成8年3月29日消防局告示第3号)

この規程は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成10年3月27日消防局告示第1号)

この訓令は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成11年3月25日消防局告示第1号)

この訓令は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成12年9月18日消防局告示第2号)

この訓令は、平成12年10月1日から施行する。

附 則(平成13年3月30日消防局告示第1号)

この告示は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日消防局告示第2号)

この告示は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月27日消防局告示第2号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

別表第1

(平成4消防局告示1・全改、平成8消防局告示3・平成10消防局告示1・平成12消防局告示2・平成13消防局告示1・平成18消防局告示2・平成26消防局告示2・一部改正)

一般公印

整理番号

名称

寸法

ミリメートル

書体

使用範囲

個数

保管者

1

消防長印

方21

古印体

消防長名で発する文書

1

総務課長

2

消防局長印

消防局長名で発する文書

1

3

消防署長印

消防署長名で発する文書

6

消防署予防課長

4

消防学校長印

消防学校長名で発する文書

1

消防学校長

5

消防局印

方36

消防局名で発する文書

1

総務課長

6

消防署印

消防署名で発する文書

6

消防署予防課長

専用公印

整理番号

名称

寸法

ミリメートル

書体

使用範囲

個数

保管者

1

辞令専用消防長印

方30

古印体

辞令用

1

人事課長

2

表彰専用消防長印

表彰、感謝状用

1

3

表彰専用消防局長印

1

4

表彰専用部長印

3

総務課長

警防部警防課長

予防部予防課長

5

表彰専用消防署長印

6

消防署予防課長

6

予防課専用消防長印

方21

違反処理に関する文書及び各種証明用

1

予防部

予防課長

7

指導課専用消防長印

消防同意、消防用設備等及び危険物に関する文書

1

指導課長

8

証明専用消防署長印

各種証明用

6

消防署予防課長

別表第2

(平成4消防局告示1・全改、平成8消防局告示3・平成12消防局告示2・平成18消防局告示2・平成26消防局告示2・一部改正)

一般公印

1

2

3

4

画像

画像

画像

画像

5

6

 

画像

画像

専用公印

1

2

3

4

画像

画像

画像

画像

5

6

7

8

画像

画像

画像

画像

様式第1号

(平成6消防局告示1・一部改正)

画像

様式第2号

(平成6消防局告示1・全改、平成13消防局告示1・一部改正)

画像

様式第3号

(平成6消防局告示1・全改)

画像

様式第4号

(平成6消防局告示1・追加)

画像

様式第5号

(平成11消防局告示1・追加)

画像

様式第6号

(平成6消防局告示1・旧様式第4号繰下・全改、平成11消防局告示1・旧様式第5号繰下・一部改正、平成13消防局告示1・一部改正)

画像

千葉市消防公印規程

昭和58年4月1日 消防局告示第1号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第15編 防/第1章 消防本部/第1節 組織・処務
沿革情報
昭和58年4月1日 消防局告示第1号
昭和62年4月30日 消防局告示第2号
昭和63年12月15日 消防局告示第1号
平成2年4月1日 消防局告示第1号
平成3年3月26日 消防局告示第1号
平成4年3月31日 消防局告示第1号
平成6年3月28日 消防局告示第1号
平成8年3月29日 消防局告示第3号
平成10年3月27日 消防局告示第1号
平成11年3月25日 消防局告示第1号
平成12年9月18日 消防局告示第2号
平成13年3月30日 消防局告示第1号
平成18年3月31日 消防局告示第2号
平成26年3月27日 消防局告示第2号