○千葉県市町村交通災害共済条例

昭和四十三年七月三十一日

条例第七号

(目的)

第一条 この条例は、千葉県市町村総合事務組合規約(昭和三十年千葉県告示第四百九十六号。以下「規約」という。)第三条第一項第二号の規定に基づき交通事故により災害を受けた者を救済するため交通災害共済制度を設け、もつて住民の生活の安定と福祉の増進に寄与することを目的とする。

(定義)

第二条 この条例において、交通事故とは、次の各号に掲げるものをいう。

 車両(道路交通法(昭和三十五年法律第百五号)第二条第八号に規定する車両をいう。第三号において同じ。)の交通による事故で自動車安全運転センター法(昭和五十年法律第五十七号)により設立された自動車安全運転センターから同法第二十九条第一項第五号の規定による証明書が交付されたもの

 電車等(鉄道事業法(昭和六十一年法律第九十二号)第二条第二項に規定する第一種鉄道事業、同条第三項に規定する第二種鉄道事業、同条第六項に規定する専用鉄道及び軌道法(大正十年法律第七十六号)の適用を受ける軌道における電車等をいう。)の交通による事故で警察官署が証明したもの

 その他車両の交通による事故及び電車等の交通による事故で規則で定めるもの

(交通災害共済)

第三条 千葉県市町村総合事務組合(以下「組合」という。)は組合の行う交通災害共済に加入した者(以下「会員」という。)の交通事故による災害に対し、共済見舞金、身障見舞金及び交通遺児見舞金(以下「見舞金」という。)を支払うことにより行う。

(会員の資格)

第四条 会員となることができる者は、次条に掲げる共済期間の始まるときに規約第三条第一項第二号に掲げる事務を共同処理する団体の住民基本台帳に記載されている者、又は規則で定める者とする。

2 前項に定める者は、規則の定めるところにより加入申し込みすることにより会員となることができる。ただし、共済期間が重複して会員となることはできない。

(共済期間)

第五条 一般会員(第三項の規定による会員(以下「集団会員」という。)以外の会員をいう。以下同じ。)の共済期間は、九月一日から翌年の八月三十一日までとする。ただし、九月一日以後において加入申込みをした者に係る共済期間は、加入申込みをした日の翌日から初めて到来する八月三十一日までとする。

2 前項の規定にかかわらず、次項に定める者が集団会員となろうとするときに当該集団会員としての共済期間に引き続いて一般会員となろうとする場合の当該一般会員としての共済期間は、当該集団会員としての共済期間の終了する日の翌日から同年の八月三十一日までとする。

3 学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)第一条に規定する小学校、中学校、義務教育学校、特別支援学校及び幼稚園並びに就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成十八年法律第七十七号)第二条第六項に規定する認定こども園並びに児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号)第七条に規定する保育所、児童養護施設、知的障害児施設、知的障害児通園施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設及び児童自立支援施設(以下「義務教育諸学校等」という。)に在籍する児童及び生徒並びに乳幼児が、義務教育諸学校等毎に加入する場合(一の義務教育諸学校等において複数の者が同時に加入する場合をいう。)の共済期間は前項の規定にかかわらず次の各号に定める期間とする。

 六月一日から翌年の五月三十一日までの期間

 九月一日から翌年の五月三十一日までの期間

(会費)

第六条 一般会員の会費の額は、会費一人につき七百円とする。ただし、九月一日以後に加入の申込みをした者に係る会費の額は、加入申込みの日の翌日の属する月の区分に応じ、一人につきそれぞれ別表第一に定める額とする。

2 集団会員の会費の額は、共済期間の区分に応じ、一人につき、それぞれ別表第一の二に定める額とする。

3 会費は、第四条第二項に定める加入申込みと同時に納入するものとする。

4 納入済の会費は、還付しない。ただし、規則で定める場合はこの限りでない。

(共済見舞金)

第七条 共済見舞金は、会員が交通事故により、死亡したときは百五十万円、傷害を受けたときはその傷害(交通事故による傷害と相当因果関係があると認められる疾病を含む。ただし、再発による疾病及び後遺症を除く。以下同じ。)が治癒(症状の固定を含む。以下同じ。)するまでの期間のうち、当該傷害の治療のための入院若しくは通院又は往診(入院又は通院による治療が困難なものに限る。)による治療実日数(以下「治療実日数」という。)に応じ別表第二に定める額とする。ただし、第二条第三号に規定する車両の交通による事故に係る共済見舞金のうち、死亡又は治療実日数六日以上の場合にあつては三万円とする。

2 前項に規定する共済見舞金は、会員が死亡した場合を除き、その傷害が治癒してから支払うものとする。ただし、別表第二第一等級に定める治療実日数に達してもなお傷害が治癒しないときは、その達したとき又は第一項ただし書の規定に該当する場合であつて治療実日数六日以上の場合にあつては治療実日数が六日に達したときをもつて共済見舞金を支払うことができる。

3 第一項に規定する死亡とは、当該交通事故による即死及び交通事故による傷害を原因として交通事故にあつた日から一年以内に死亡したもの(以下「死亡」という。)をいう。

(見舞金の内払)

第七条の二 組合は、会員の死亡の場合を除き、次の各号の一に該当する場合においては、前条第二項の規定にかかわらず、傷害が治癒しない場合であつても、共済見舞金を支払うことができる。この場合において、その額は当該支払の請求のときまでの治療実日数に応じ、別表第二に定める額を超えることができない。

 会員又はその世帯主が、生活保護法(昭和二十五年法律第百四十四号)の規定に基づく保護を受けている場合

 見舞金の給付の対象となる交通事故の日から三月を経過してもなおその事故に係る傷害が治癒しない場合

2 前項の規定により共済見舞金を支払つた場合における前条第二項の規定の適用については、同項の規定により算定した額から前項の規定により支払つた額を控除するものとする。

(身障見舞金)

第八条 組合は、会員の交通事故によりその交通事故を直接の原因として、身体障害者福祉法施行規則(昭和二十五年厚生省令第十五号)別表第五号身体障害者障害程度等級表に掲げる一級又は二級の障害を残すことになつた場合には五十万円を身障見舞金として支払う。

(交通遺児見舞金)

第九条 会員が交通事故により死亡したときに、その者に遺児(十八歳に達する日以後の最初に到来する三月三十一日までの間にある子(会員が死亡したときに胎児であつた子が、出生した場合の当該子を含む。)をいう。以下同じ。)があるときは、遺児一人につき十万円を交通遺児見舞金(以下「遺児見舞金」という。)として支払う。

(受取人)

第十条 見舞金の受取人は、見舞金の種類により次の各号に掲げるとおりとする。

 共済見舞金 会員(会員が死亡した場合は、あらかじめ会員の指定した者(会員の指定した者がないときは、市町村長が適当と認めた者)とする。)

 身障見舞金 会員

 遺児見舞金 遺児

(見舞金の支払い)

第十一条 組合は、前条に定める受取人からの請求により見舞金を支払う。

2 前項の規定による見舞金の請求は、交通事故により死亡した日又はその傷害の治癒した日から二年を経過した日以後はこれをすることができない。

(支払の制限)

第十二条 組合は、交通事故が次の各号に掲げるものによる場合は、第七条から第九条までの規定にかかわらず見舞金を支払わない。

 会員が道路交通法第六十四条(無免許運転の禁止)又は第六十五条(酒気帯び運転等の禁止)の規定に違反した場合

 会員又は会員以外の見舞金受取人の犯罪行為(交通事故による刑法(明治四十年法律第四十五号)第二十八章の過失傷害罪を除く。)

 会員の故意又は重大な過失

 地震、津波、噴火、内乱その他の異変

(見舞金の返還)

第十三条 第七条から前条までの規定に反し見舞金の支払を受けた者は、その受けた金額を返還しなければならない。ただし、組合長が止むを得ない事由があると認めるときは、その返還すべき見舞金の一部を免除することができる。

(補則)

第十四条 この条例の実施に関し必要な事項は、組合長が定める。

附 則

この条例は、昭和四十三年九月一日から施行する。

附 則(昭和四四年一月二四日条例第三号)

この条例は、公布の日から施行する。ただし、第六条の二の規定は、昭和四十四年五月一日から適用する

附 則(昭和四四年四月二一日条例第五号)

この条例は、千葉県市町村職員退職手当組合規約の一部を改正する規約(昭和四十四年規約第一号)の施行の日から施行する。

附 則(昭和四四年四月二一日条例第八号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 東金市の住民基本台帳に記載され、又は外国人登録をしている者並びに東金市の職員及びその者と同一の住民基本台帳に記載されている親族が昭和四十四年五月一日以後昭和四十五年八月三十一日までの間に会員となる場合(第六条の二の規定により児童生徒が会員となる場合を除く。)の会員の期間は第五条の規定にかかわらずその会員となつたときから昭和四十五年八月三十一日までとする。この場合の会費は、会員となる日の属する月を含め月額二十五円とする。

3 千葉県市町村交通災害共済条例の一部を改正する条例(昭和四十四年条例第三号)附則中「昭和四十四年九月一日」を「昭和四十四年五月一日」に改める。

附 則(昭和四五年一月二七日条例第五号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和四十五年四月一日から施行する。

附 則(昭和四五年一〇月三一日条例第一三号)

この条例は、公布の日から施行する。ただし、第五条、第五条の二及び第六条の二の改正規定は、昭和四十五年十二月一日から、第六条及び第七条の改正規定は、昭和四十六年九月一日から適用する。

附 則(昭和四六年二月九日条例第二号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和四九年三月一五日条例第二号)

(施行期日)

1 この条例は、集団会員については昭和四十九年四月一日、一般会員については昭和四十九年九月一日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日前の交通事故については、なお、従前の例による。

附 則(昭和五一年二月一七日条例第四号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和五十一年一月一日から適用する。

附 則(昭和五二年四月一日条例第五号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和五十二年四月一日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 昭和五十二年三月三十一日に現にこの条例による改正前の千葉県市町村交通災害共済条例第五条の三第二項の規定による会員である者が施行日にこの共済に加入しようとする場合は、この条例による改正後の千葉県市町村交通災害共済条例(以下「新条例」という。)第五条第一項第三号及び第六条第一項の規定にかかわらず従前の例による。

3 昭和五十二年四月一日に、学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)第一条に規定する小学校、中学校、盲学校、聾学校及び養護学校(ただし、盲学校、聾学校及び養護学校については、小学部及び中学部に限る。以下「学校」という。)の児童及び生徒(以下「児童生徒」という。)であつて当該学校の児童生徒総数の二分の一以上が同時にこの共済に加入しようとする場合は、新条例第五条第二項第一号及び第六条第一項の規定にかかわらず、その者に係る会員期間は、昭和五十二年四月一日から昭和五十三年五月三十一日までとし、当該期間に係る会員は四百二十円とする。

4 この条例の施行の日前の交通事故による災害に対する共済見舞金は、なお、従前の例による。

附 則(昭和五二年一二月一〇日条例第二〇号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和五十三年四月一日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行日前の交通事故による災害に対する共済見舞金は、なお、従前の例による。

附 則(昭和五四年三月一日条例第二号)

1 この条例は、昭和五十四年六月一日(以下「施行日」という。)から施行する。

2 施行日前に会員となつた者の当該会員期間にかかる共済見舞金及び身障見舞金については、なお、従前の例による。

附 則(昭和五五年二月一三日条例第一号)

1 この条例は、昭和五十五年六月一日(以下「施行日」という。)から施行する。

2 施行日前に会員となつた者の当該共済期間にかかる見舞金については、なお、従前の例による。

附 則(昭和五七年二月二〇日条例第三号)

この条例は、昭和五十七年六月一日から施行する。

附 則(昭和五八年六月二二日条例第二号)

この条例は、公布の日から施行し、改正後の規定による共済の会費の額は、昭和五十八年九月一日以後に会員となる者について適用する。

附 則(昭和六〇年三月一日条例第二号)

この条例は、公布の日から施行し、改正後の千葉県市町村交通災害共済条例(以下「新条例」という。)第五条第一項及び第六条第一項並びに別表第一の規定は、昭和六十年九月一日以後に会員となる者から適用し、新条例第六条第二項及び別表第一の二の規定は、昭和六十年六月一日以後に会員となる者から適用する。

附 則(昭和六二年二月二八日条例第二号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和六二年五月二二日条例第七号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和六十二年四月一日から適用する。

附 則(平成二年二月二二日条例第一号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。ただし、第八条の改正規定及び別表第一の二の改正規定並びに別表第二の改正規定は、平成二年六月一日から施行し、第六条第一項の改正規定及び別表第一の改正規定は、平成二年九月一日から施行する。

(経過規定)

2 この条例による改正後の千葉県市町村交通災害共済条例(以下「新条例」という。)第二条第三号及び第七条第一項の規定は、公布の日以後の交通事故について適用し、同日前の交通事故については、なお従前の例による。

3 新条例第六条第一項及び別表第一の規定は、平成二年九月一日以後に会員となる者に係る会員について適用し、新条例別表第一の二の規定は、平成二年六月一日以後に会員となる者に係る会費について適用し、これらの日前の会員に係る会費については、なお、従前の例による。

4 新条例第八条及び別表第二の規定は、平成二年六月一日以後の交通事故により災害にあつた会員に係る共済見舞金及び身障見舞金について適用し、同日前の交通事故により災害にあつた会員に係る共済見舞金及び身障見舞金については、なお従前の例による。

附 則(平成四年一一月二五日条例第一〇号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。ただし、第三条の改正規定、第十二条を第十四条とし、第十一条を第十三条とし、第十条第一項及び第二項を改め、同条を第十二条とする改正規定、第九条を第十一条とし、第八条の二を次のように改める改正規定、第八条の二を第十条とする改正規定、第八条の次に次の一条を加える改正規定は、平成五年九月一日から施行する。

(経過規定)

2 この条例による改正後の千葉県市町村交通災害共済条例(以下「新条例」という。)第六条第一項及び別表第一の規定は、平成五年九月一日以後に会員となる者に係る会費について適用し、新条例別表第一の二の規定は、同年六月一日以後に会員となる者に係る会費について適用し、これらの日前の会員に係る会費については、なお従前の例による。

3 新条例第七条第一項の規定は、平成五年六月一日以後の交通事故により災害にあつた会員に係る共済見舞金について適用し、同日前の交通事故により災害にあつた会員に係る共済見舞金については、なお従前の例による。

4 新条例第九条の規定は、平成五年九月一日以後の交通事故により死亡した会員に係る遺児見舞金について適用する。

附 則(平成一〇年一一月二〇日条例第九号)

この条例は、公布の日から施行し、改正後の千葉県市町村交通災害共済条例の規定は、平成十年四月一日から適用する。

附 則(平成一一年二月一九日条例第二号)

この条例は、平成十一年四月一日から施行する。

附 則(平成一二年五月三一日条例第六号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成一七年五月九日条例第八号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。ただし、第十二条の改正規定は、平成十七年九月一日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の千葉県市町村交通災害共済条例第十二条の規定は、平成十七年九月一日以後の交通事故により災害にあつた会員に係る見舞金について適用し、同日前の交通事故により災害にあつた会員に係る見舞金については、なお従前の例による。

附 則(平成一九年五月二九日条例第八号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成二四年一一月二八日条例第八号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成二八年二月一八日条例第六号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。ただし、改正規定中「中学校」の下に「、義務教育学校」を加える部分は、平成二十八年四月一日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の公布の日前に集団会員の加入申込みをした就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律に基づく認定こども園については、この条例による改正後の第五条第三項の規定により加入申込みをしたものとみなす。

別表第一(第6条第1項)

加入申込みの日の翌日の属する月

会費の額

9月

700

10月

600

11月

600

12月

500

1月

500

2月

400

3月

300

4月

300

5月

200

6月

200

7月

100

8月

100

別表第一の二(第6条第2項)

共済期間

会費の額

6月1日から翌年の5月31日まで

(第5条第2項第1号)

350

9月1日から翌年の5月31日まで

(第5条第2項第2号)

300

別表第二

等級

入院及び通院治療実日数

金額

1

286日以上

500,000

2

271日以上285日以下

475,000

3

256日以上270日以下

450,000

4

241日以上255日以下

425,000

5

226日以上240日以下

400,000

6

211日以上225日以下

375,000

7

196日以上210日以下

350,000

8

181日以上195日以下

325,000

9

166日以上180日以下

300,000

10

151日以上165日以下

275,000

11

136日以上150日以下

250,000

12

121日以上135日以下

225,000

13

106日以上120日以下

200,000

14

91日以上105日以下

175,000

15

76日以上90日以下

150,000

16

61日以上75日以下

125,000

17

46日以上60日以下

100,000

18

31日以上45日以下

75,000

19

16日以上30日以下

50,000

20

6日以上15日以下

30,000

21

1日以上5日以下

20,000

千葉県市町村交通災害共済条例

昭和43年7月31日 条例第7号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
千葉県市町村総合事務組合/ 交通災害
沿革情報
昭和43年7月31日 条例第7号
昭和44年1月24日 条例第3号
昭和44年4月21日 条例第5号
昭和44年4月21日 条例第8号
昭和45年1月27日 条例第5号
昭和45年10月31日 条例第13号
昭和46年2月9日 条例第2号
昭和49年3月15日 条例第2号
昭和51年2月17日 条例第4号
昭和52年4月1日 条例第5号
昭和52年12月10日 条例第20号
昭和54年3月1日 条例第2号
昭和55年2月13日 条例第1号
昭和57年2月20日 条例第3号
昭和58年6月22日 条例第2号
昭和60年3月1日 条例第2号
昭和62年2月28日 条例第2号
昭和62年5月22日 条例第7号
平成2年2月22日 条例第1号
平成4年11月25日 条例第10号
平成10年11月20日 条例第9号
平成11年2月19日 条例第2号
平成12年5月31日 条例第6号
平成17年5月9日 条例第8号
平成19年5月29日 条例第8号
平成24年11月28日 条例第8号
平成28年2月18日 条例第6号