○千葉県市町村交通災害共済事業事務委任規則

昭和四十三年七月三十一日

規則第三号

(趣旨)

第一条 この規則は、地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百五十三条第一項の規定により、組合長の権限に属する事務の委任について定めるものとする。

(委任の留保)

第二条 組合長は、この規則に定める委任事項であつても、特に必要があるときは、みずからこれらの事務を行なうことができる。

(報告の徴取等)

第三条 組合長は、この規則の定めるところにより委任する事務について必要があるときは、報告を徴し又は必要な指示をすることがある。

(委任事務の処理の特例)

第四条 この規則の定めるところにより事務の委任を受けた者は、委任事項であつても、その事案が重要又は異例と認められるとき並びにその事案について疑義若しくは紛議があり又は紛議を生ずるおそれがあるときは、その処理について、あらかじめ組合長の指示を受けなければならない。

(事務の委任)

第五条 組合長は、規約第三条第一項第二号に掲げる事務を共同処理する団体(以下「共同処理団体」という。)駐在の交通災害共済取扱職員の事務の執行及び服務に関する指揮監督を当該共同処理団体の長に委任する。

2 共同処理団体駐在の交通災害共済取扱主任に対しては、次に掲げる事務を委任する。

 規則第六条の規定による会員証の交付

 規則第九条の規定による見舞金の決定

 規則第十一条の規定による会員台帳(市町村用)の保管、整理、記録

附 則

この規則は、昭和四十三年九月一日から施行する。

附 則(昭和五二年四月一日規則第六号)

この規則は、昭和五十二年四月一日から施行する。

附 則(昭和五二年一二月一〇日規則第一四号)

この規則は、昭和五十三年四月一日から施行する。

附 則(昭和五五年二月一三日規則第二号)

この規則は、昭和五十五年六月一日から施行する。

附 則(昭和六〇年四月一五日規則第一七号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成一二年五月三一日規則第九号)

この規則は、公布の日から施行する。

千葉県市町村交通災害共済事業事務委任規則

昭和43年7月31日 規則第3号

(平成12年5月31日施行)

体系情報
千葉県市町村総合事務組合/ 交通災害
沿革情報
昭和43年7月31日 規則第3号
昭和52年4月1日 規則第6号
昭和52年12月10日 規則第14号
昭和55年2月13日 規則第2号
昭和60年4月15日 規則第17号
平成12年5月31日 規則第9号