○給与の減額をされずに勤務しないことについての組合長の承認の基準に関する規程

昭和五十五年五月一日

訓令第一号

(目的)

第一条 この訓令は、職員の給与に関する条例(昭和四十年条例第五号。以下「条例」という。)第十条の承認の基準について定めることを目的とする。

(承認の基準)

第二条 職務に専念する義務の特例に関する条例(昭和四十年条例第八号)に規定する職務に専念する義務の免除の承認があつたときは、条例第十条の承認があつたものとみなす。

附 則

この訓令は、昭和五十五年五月一日から施行する。

附 則(昭和六一年二月二六日訓令第二号)

この訓令は、昭和六十一年三月一日から施行する。

給与の減額をされずに勤務しないことについての組合長の承認の基準に関する規程

昭和55年5月1日 訓令第1号

(昭和61年3月1日施行)

体系情報
千葉県市町村総合事務組合/ 与/ 〔給料・手当等〕
沿革情報
昭和55年5月1日 訓令第1号
昭和61年2月26日 訓令第2号