○千葉県市町村公平委員会議事規則

昭和六十一年四月二十一日

規則第一号

(目的)

第一条 この規則は、地方公務員法(昭和二十五年法律第二百六十一号。以下「法」という。)第十一条第五項の規定に基づき、千葉県市町村公平委員会(以下「公平委員会」という。)の議事に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(会議)

第二条 会議は、定例会及び臨時会とする。

(定例会)

第三条 定例会は、毎月一回公平委員会の事務所において開催する。ただし、都合により会議を行わず、又は他の場所において開催することがある。

(臨時会)

第四条 臨時会は、委員長が必要があると認めたとき又は委員の請求があつたとき、委員長が招集する。

(欠席)

第五条 委員は、病気その他やむを得ない事情により会議に出席できないときは、速やかに委員長に届け出なければならない。

2 委員長は、前項の通知を受けたときは、速やかに会議日程の変更その他必要な措置をしなければならない。

(公開)

第六条 会議は、公開しない。ただし、特に必要があるときは、委員会の決定により公開することができる。

(会議の主宰)

第七条 会議は、委員長が主宰する。

(幹事)

第八条 事務局長(事務局長に事故のあるとき又は欠けたときは、上席の事務職員)は、幹事として会議に出席する。

(議事日程)

第九条 委員長は、開議の日時、場所及び会議に付する事件を記載した議事日程を定め、予め各委員に配布するものとする。

(発言)

第十条 委員又は幹事が会議において発言しようとするときは、委員長の許可を得なければならない。

(議事録)

第十一条 幹事は、会議の開会及び閉会に関する事項、出席委員の氏名、幹事の職氏名、職務のため会議場に出席した事務職員の職氏名、会議に付した事件及び議事の経過その他委員長が必要と認めた事項を記載した議事録を作成しなければならない。

2 議事録は、委員長及び委員がこれに署名して確定する。

(雑則)

第十二条 法第十一条第一項から第三項まで及びこの規則に定めるものを除くほか、会議に関し必要な事項は、公平委員会が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、昭和六十一年四月二十二日から施行する。

(公平委員会会議規則の廃止)

2 公平委員会会議規則(昭和四十五年千葉県市町村公平委員会規則第二号)は、廃止する。

附 則(平成一二年七月五日規則第二号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成二八年二月一八日規則第二号)

この規則は、公布の日から施行する。

千葉県市町村公平委員会議事規則

昭和61年4月21日 規則第1号

(平成28年2月18日施行)