○公開口頭審理の傍聴に関する規則

昭和四十五年五月十六日

規則第六号

(目的)

第一条 この規則は、地方公務員法(昭和二十五年法律第二百六十一号)第八条第五項の規定に基づき、千葉県市町村公平委員会(以下「公平委員会」という。)の行う公開口頭審理(以下「審理」という。)の傍聴に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(傍聴手続)

第二条 審理を傍聴しようとする者は、公平委員会が傍聴席の数に応じて発行する別記様式の傍聴券の交付を受けなければならない。

2 傍聴券は、審理開始前に審理会場入口において交付するものとする。

3 傍聴者が入場するときは、傍聴券を係員に示し、その指示に従わなければならない。

(傍聴制限)

第三条 次の各号の一に該当する者には、傍聴を許さない。

 凶器その他危険のおそれのあるものを携帯する者

 旗、プラカード等を携帯する者

 異様な服装をした者または酒気を帯びた者

 前各号のほか公平委員会において入場を不適当と認めた者

(傍聴心得)

第四条 傍聴者は、審理会場内において、次に掲げる事項を守らなければならない。

 傍聴席以外において傍聴しないこと。

 異様な服装をしないこと。

 喫煙しないこと。

 飲食その他不体裁な行状をしないこと。

 審理中に発言し、または拍手をしないこと。

 私語、かん声、放歌その他審理の妨害になるような行為をしないこと。

 委員長の命令及び係員の指示に従うこと。

(退場命令)

第五条 委員長は、この規則に違反したと認める者に対しては、注意を促し、なお改めないときは、退場を命ずるものとする。

2 前項の規定により退場を命ぜられた者には、当日再び傍聴することを許さないことがある。

附 則

1 この規則は、昭和四十五年五月十六日から施行する。

2 昭和三十八年六月十五日から適用されている「口頭審理の傍聴に関する規則」は、これを廃止する。

附 則(平成一二年七月五日規則第四号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成一二年一二月一五日規則第一〇号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成二八年二月一八日規則第二号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

公開口頭審理の傍聴に関する規則

昭和45年5月16日 規則第6号

(平成28年2月18日施行)

体系情報
千葉県市町村公平委員会
沿革情報
昭和45年5月16日 規則第6号
平成12年7月5日 規則第4号
平成12年12月15日 規則第10号
平成28年2月18日 規則第2号