○千葉県市町村公平委員会処務規則

昭和六十一年四月二十一日

規則第二号

(目的)

第一条 この規則は、千葉県市町村公平委員会(以下「公平委員会」という。)の処務に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(事務局)

第二条 公平委員会に事務局を置く。

(事務職員)

第三条 事務局に事務局長その他の事務職員を置く。

2 事務職員の職及びその者の職務は、次表のとおりとする。

職務

事務局長

公平委員会の命を受け、事務を統括し、所属職員を指揮監督する。

参事

副参事

主幹

上司の命を受け、特命事項を掌理する。

副主幹

主査

副主査

上司の命を受け、事務を掌る。

(代決)

第四条 事務局長に事故のあるとき又は欠けたときは、参事又は副参事がその事務を代決する。ただし、急施を要するもので上司の指示を受けたもののほか異例に属する事項については、代決することができない。

2 代決した事項については、後閲を受けなければならない。ただし、軽易な事項については、この限りでない。

(事務局長専決事項)

第五条 次に掲げる事項については、重要又は異例に属するものを除き、事務局長において専決することができる。

 所属職員の旅行命令及び復命に関すること。

 所属職員の時間外勤務命令に関すること。

 所属職員の事務分掌その他服務に関すること。

 議案、議事録その他の書類及び物品の整理、保管に関すること。

 所掌事務に係る軽易な照会及び回答に関すること。

 前各号に定めるもののほか、公平委員会が指定した事項

(令達)

第六条 令達の種類は、次の各号に掲げるとおりとする。

 規則 地方公務員法(昭和二十五年法律第二百六十一号。以下「法」という。)の規定により制定するもの

 告示 管内又は関係機関に公示するもの

 公告 不特定多数に周知させるため公示するもの

 訓令 事務局及び事務局長に対して指揮命令するもの

 指令 特定の相手方に対して機関の意志を示達するもの

2 令達には、すべて令達の種目毎に暦年による番号を付さなければならない。

(公文書)

第七条 公文書の発信名は、委員長名を用いなければならない。ただし、事務局長が必要があると認めた場合は委員会名を、軽易な事項については事務局長名を用いることができる。

第八条 辞令等定型的な文書を除き公文書には、文書記号及び会計年度による番号を付するものとする。この場合に、秘密を要するものについては、記号の次に「秘」の文字を付加するものとし、軽易な文書については、番号を省略「号外」とすることができる。

2 文書記号は、「千公委」とする。ただし、法の規定に基づき、勤務条件に関する措置の要求及び不利益処分についての審査請求に関する判定を要する事案に係るものについては、「年号千公審」の記号の次に事案番号を付するものとする。

第九条 事務局長は、完結文書で保存を要するものについては、別表に定める保存類別に編冊目録を付して編冊し保存しなければならない。

(公印)

第十条 公印は、委員会印、委員長印及び事務局長印とし、委員会印は三十ミリ平方とし「千葉県市町村公平委員会印」の文字を、委員長印は二十四ミリ平方とし「千葉県市町村公平委員会委員長之印」の文字を及び事務局長印は二十四ミリ平方とし「千葉県市町村公平委員会事務局長印」の文字をそれぞれ小篆体縦書により調製する。

2 委員長は、公印を調製し若しくは改刻し又は廃止したときは、当該公印の印影及び使用開始年月日その他必要な事項を登録し又はその登録を抹消する。

3 公印は、事務局長の指定する職員が管守する。

(補則)

第十一条 法及びこの規則に規定するものを除き事務局の事務処理及び事務職員の服務に関しては、千葉県市町村総合事務組合の事務所及び職員の例による。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、昭和六十一年四月二十二日から施行する。

(公平委員会処務規程の廃止)

2 公平委員会処務規程(昭和四十五年千葉県市町村公平委員会規則第一号)は、廃止する。

附 則(昭和六三年三月一日規則第一号)

この規則は、昭和六十三年四月一日(以下「施行日」という。)から施行する。ただし、公文書の番号については、施行日から昭和六十三年十二月三十一日までの間は改正前の規定の例により付し、昭和六十四年一月一日から同年三月三十一日までの間は昭和六十三年十二月三十一日までの番号に連続して付するものとする。

附 則(平成一二年七月五日規則第五号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成一五年四月二五日規則第二号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成一七年三月二九日規則第二号)

この規則は、平成十七年四月一日から施行する。

附 則(平成二〇年三月三一日規則第二号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成二八年二月一八日規則第三号)

この規則は、平成二十八年四月一日から施行する。

別表(第九条)

大分類

小分類

編冊区分

保存期間

0総記

0総記

令達番号簿

永久



文書処理簿

三年

1法規

規則

永久

2公印

公印台帳

永久

3その他

連合会

五年


雑件

一年

1人事

0任免

人事発令関係

永久

2出納

0歳出

歳出予算整理簿

五年

3委員会

0議案

議案

永久


1議事録

議事録

永久

2その他

雑件

三年

4審査

0公平審査

措置要求

永久



審査請求

永久

学校医等の公務災害補償に関する審査請求

永久

1職員団体

職員団体の登録及び取消し

永久


職員団体等の法人格の付与の認証及び取消し

永久

5苦情処理

0苦情処理

人事管理関係

永久



職場の人間関係

永久

千葉県市町村公平委員会処務規則

昭和61年4月21日 規則第2号

(平成28年4月1日施行)