○秩父市視聴覚ライブラリー条例施行規則

平成17年4月1日

教育委員会規則第37号

(趣旨)

第1条 この規則は、秩父市視聴覚ライブラリー条例(平成17年秩父市条例第120号。以下「条例」という。)第6条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用手続)

第2条 条例第4条の規定により利用の許可を受けようとする者は、視聴覚資料利用申込書(別記様式)を秩父市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出しなければならない。

2 前項の申込者が、教材・教具(16ミリ映写機、16ミリフィルム、VTR等)を利用するときは、埼玉県教育委員会が発行した修了証(「映画」コース等)を併せて提示しなければならない。

(利用許可)

第3条 教育委員会は、前条の規定により利用申込書を受理した場合は、その利用目的及び内容を検討し、適当と認めたときは、貸出しを行うものとする。

(貸出期間)

第4条 教材・教具の貸出期間は、3日以内とする。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めた場合は、この限りでない。

(権限譲渡の制限)

第5条 利用者は、貸出しを受けた教材・教具を他に転貸してはならない。

(対価徴収の禁止)

第6条 利用者は、教材・教具の利用に当たっては、いかなる対価も徴収してはならない。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の秩父市視聴覚ライブラリー条例施行規則(昭和56年秩父市教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

秩父市視聴覚ライブラリー条例施行規則

平成17年4月1日 教育委員会規則第37号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成17年4月1日 教育委員会規則第37号