○秩父市夜間照明施設条例施行規則

平成17年4月1日

教育委員会規則第46号

(趣旨)

第1条 この規則は、秩父市夜間照明施設条例(平成17年秩父市条例第131号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用期間及び利用時間)

第2条 秩父市夜間照明施設(以下「夜間照明」という。)の利用期間及び利用時間は、次のとおりとする。ただし、秩父市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が必要と認めるときは、利用期間及び利用時間を変更することができる。

利用期間

利用時間

4月1日から9月30日まで

午後6時00分から

午後9時00分まで

10月1日から3月31日まで

秩父市宮地グラウンド及び秩父市羊山公園テニスコートについては、10月1日から10月31日まで

午後5時30分から

午後9時00分まで

(専用利用期間)

第3条 夜間照明の専用利用の期間は、引き続き3月を超えることができない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(利用の手続)

第4条 夜間照明の施設を利用しようとする者は、利用する日の1か月前から3日前までに、夜間照明施設利用申請書(様式第1号)を教育委員会に提出し、夜間照明施設利用許可証(様式第2号)の交付を受け、利用の際に夜間照明監理員(以下「監理員」という。)に提示しなければならない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(利用の変更又は取消しの手続)

第5条 夜間照明の利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、利用の許可を受けた事項を変更しようとするときは、夜間照明利用変更申請書(様式第3号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 利用者は、夜間照明の利用を取り消そうとするときは、夜間照明利用取消届(様式第4号)を教育委員会に提出しなければならない。

(利用者の守るべき事項)

第6条 利用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けないで物品の販売をしないこと。

(2) 利用の許可を受けていない場所を利用しないこと。

(3) 施設又は備品を損傷し、又は滅失したときは、直ちに教育委員会に報告すること。

(利用後の点検)

第7条 利用者は、夜間照明の利用を終わったときは、運動場の整理及び清掃をしなければならない。

(監理員の設置)

第8条 夜間照明の管理及び運営を適切かつ効果的に行うため、監理員を置くことができる。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の吉田町夜間照明施設設置及び管理条例施行規則(昭和53年吉田町教育委員会規則第1号)、大滝村夜間照明施設使用規程(昭和55年大滝村教育委員会規程第1号)又は荒川村総合運動公園管理規則(平成4年荒川村教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成26年9月26日教委規則第6号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

(平26教委規則6・一部改正)

画像

(平26教委規則6・一部改正)

画像

画像

画像

秩父市夜間照明施設条例施行規則

平成17年4月1日 教育委員会規則第46号

(平成27年4月1日施行)