○泉佐野市有功者表彰条例

昭和37年3月28日

泉佐野市条例第1号

第1条 この条例は、本市の発展に功労のあった者(以下「有功者」という。)に対する表彰について、必要な事項を定めることを目的とする。

第2条 前条に規定する有功者とは、次に掲げる者をいう。

(1) 4年以上市長の職にあった者

(2) 8年以上市議会議員の職にあった者

(3) 本市の公益について功労顕著な者で市長の推薦により市議会の同意を得た者

第3条 有功者には、表彰状、有功章及び記念品を贈呈し、表彰する。

2 前項の表彰を受けるべき者が死亡した場合は、その遺族に贈呈する。

第4条 有功者の表彰は、憲法記念日及び文化の日又は市長の定める適当な日に行う。

第5条 有功者に対しては、終身、市の儀式又は公式会合等において現任の市議会議員と同一の待遇をする。

第6条 有功者が死亡した場合は、市長は弔辞を贈り、香典を供える。

第7条 有功者が次の各号の一に該当する場合は、その資格を失うものとする。

(1) 日本国民でなくなった場合

(2) 禁錮以上の刑に処せられた場合

第8条 有功者が次の各号の一に該当する場合は、その期間中この条例を適用しない。

(1) 選挙権を停止された場合

(2) 本市以外に住所を移した場合

第9条 市議会議員が任期を満了し、又は任期中退職した場合は、記念品を贈呈する。

2 第7条及び前条(第2号の場合を除く。)の規定は、前項の場合に準用する。

3 市議会議員が任期中死亡した場合は、市長は弔辞を贈り、香典を供え、第1項の例により、その遺族に記念品を贈呈する。

第10条 この条例の施行について必要な事項は、市長が定める。

付 則

1 この条例は、公布の日から施行し、第9条の規定を除くほか、昭和22年4月30日から適用する。

2 昭和22年4月30日から昭和29年3月31日までの間において町長もしくは村長または町議会議員もしくは村議会議員であった者の長または議会議員として在職した年数は、それぞれ市長または市議会議員として在職した年数とみなし、第2条の規定を適用する。

3 この条例施行の際、この条例の適用を受けるべき者で、すでに死亡していたものについては、その遺族に表彰状、有功章および記念品を贈呈する。

附 則(平成13年12月26日泉佐野市条例第22号)

この条例は、公布の日から施行する。

泉佐野市有功者表彰条例

昭和37年3月28日 条例第1号

(平成13年12月26日施行)

体系情報
第1類 則/第3章
沿革情報
昭和37年3月28日 条例第1号
平成13年12月26日 条例第22号