○泉佐野市行政財産使用料条例施行規則

平成8年4月4日

泉佐野市規則第12号

(趣旨)

第1条 この規則は、泉佐野市行政財産使用料条例(平成8年泉佐野市条例第1号。以下「条例」という。)の施行について、他の定めがあるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 条例第3条第1項において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 土地の価額 市長が定める年度の固定資産評価額相当額

(2) 建物の価額 前号の価額を算出した基礎となる年度における建物再取得額

(減免)

第3条 条例第6条に規定する減免する額については、以下のとおりとする。

(1) 地方公共団体、その他公共団体が公用又は公共用に使用するとき……全額

(2) 公共団体又は公益団体が営利を目的としない団体固有の公共又は公益事業に使用するとき……全額

(3) 災害、その他緊急の事態の発生により応急施設として短期間使用するとき……全額

(4) 市の職員等の福利厚生のため使用するとき……全額

(5) 市の都合により許可を受けた財産の使用ができないとき……その使用できなかった期間の使用料

(6) 上記に該当しないが、特に市長が必要と認めるとき……市長が認める額

(委任)

第4条 この規則に定めのない事項については、市長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成13年3月31日泉佐野市規則第13号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

泉佐野市行政財産使用料条例施行規則

平成8年4月4日 規則第12号

(平成13年3月31日施行)

体系情報
第6類 務/第4章 税外収入
沿革情報
平成8年4月4日 規則第12号
平成13年3月31日 規則第13号