○泉佐野市民総合体育館条例

昭和56年3月31日

泉佐野市条例第11号

(設置)

第1条 市民の心身の健全な育成及びスポーツの振興並びによりよき地域社会の建設を目的としたコミュニケーションの場等の用に供するため、泉佐野市民総合体育館(以下「体育館」という。)を泉佐野市新安松一丁目1番22号に設置する。

(指定管理者による管理)

第2条 体育館の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者に行わせるものとする。

2 指定管理者が行う業務は、次のとおりとする。

(1) 体育館の使用の許可に関する業務

(2) 体育館の維持管理に関する業務

(3) 体育館の設置目的を達成するために教育委員会が必要と認める業務

(使用の許可)

第3条 体育館を使用しようとする者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、使用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 建物又は附属設備その他器具等(以下「建物等」という。)を汚損、破損又は滅失するおそれがあると認められるとき。

(3) その他管理上支障があると認められるとき。

2 指定管理者は、使用を許可する場合において、必要と認めるときは、条件を付けることができる。

(許可の取消し等)

第4条 指定管理者は、使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が次の各号のいずれかに該当するときは、使用の許可を取り消し、又はその使用を制限し、若しくは中止させることができる。

(1) 前条第1項各号に掲げる事由が生じたとき。

(2) この条例若しくはこの条例に基づく規則に違反し、又はこれらに基づく指示に従わないとき。

2 前項の規定による使用許可の取消し等により損害が生じても、指定管理者は、その責めを負わない。

(使用料)

第5条 使用者は、別表第1及び別表第2に定める使用料を前納しなければならない。

2 指定管理者は、市長が定める基準に従い、使用料の全部又は一部を免除することができる。

(使用料の還付)

第6条 既納の使用料は、還付しない。ただし、指定管理者は、市長が定める基準に従い、その全部又は一部を還付することができる。

(使用権の譲渡等の禁止)

第7条 使用者は、使用権を譲渡し、他人に使用させ、又は許可を受けた目的以外に使用してはならない。

(使用者の管理義務)

第8条 使用者は、使用期間中その使用に係る建物等を善良な管理者の注意をもって管理しなければならない。

(特別の設備)

第9条 使用者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けて、特別の設備を設けることができる。

2 指定管理者は、体育館の管理上必要があると認めたときは、使用者に特別の設備を命ずることができる。

3 前2項の規定により、特別の設備を設けたときは、使用者は、自らの費用で使用後直ちにこれを撤去して原状に回復しなければならない。

4 使用者が前項の規定による義務を履行しないときは、市長が使用者に代って執行し、その費用を使用者から徴収することができる。

(利用料金)

第10条 市長は、体育館に係る使用料(以下「利用料金」という。)を指定管理者の収入として収受させることができる。

2 利用料金の額は、別表第1及び別表第2に掲げる金額の範囲内において、指定管理者があらかじめ市長の承認を得て定める。その額を変更するときも、同様とする。

3 市長は、前項の承認をしたときは、その旨を告示しなければならない。

4 第5条第2項及び第6条の規定は、利用料金の減免及び還付について準用する。この場合において、これらの規定中「使用料」とあるのは、「利用料金」と読み替えるものとする。

(委任)

第11条 この条例の施行について必要な事項は、教育委員会規則で定める。

付 則

この条例は、昭和56年5月1日から施行する。

付 則(昭和57年9月29日泉佐野市条例第21号)

この条例は、昭和57年11月1日から施行する。

付 則(昭和61年3月26日泉佐野市条例第3号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 この条例による改正後の泉佐野市民総合体育館条例別表第1及び第2の規定は、昭和61年7月1日以後の使用にかかるものから適用し、同日前にかかるものについては、なお従前の例による。

付 則(平成2年12月22日泉佐野市条例第27号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 この条例による改正後の泉佐野市民総合体育館条例別表第1の規定は、平成3年4月1日以後の使用に係るものから適用し、同日前に係るものについては、なお従前の例による。

付 則(平成6年12月22日泉佐野市条例第31号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 改正後の泉佐野市民総合体育館条例別表第1の規定は、平成7年4月1日以後の使用に係るものから適用し、同日前に係るものについては、なお従前の例による。

附 則(平成8年3月29日泉佐野市条例第10号)

この条例は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年3月26日泉佐野市条例第7号)

この条例は、平成9年7月12日から施行する。

附 則(平成11年3月29日泉佐野市条例第9号)

(施行期日)

1 この条例は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成13年3月31日泉佐野市条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年12月24日泉佐野市条例第44号)

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 第2条の規定による改正後の泉佐野市民総合体育館条例別表第1の規定、第3条の規定による改正後の泉佐野市民テニスコート条例別表の規定、第4条の規定による改正後の泉佐野市立生涯学習センター条例別表の規定、第6条の規定による改正後の泉佐野市立大池グラウンド条例別表の規定、第7条の規定による改正後の泉佐野市立青少年体育館条例別表の規定、第8条の規定による改正後の泉佐野市立健康増進センター条例別表第1の規定及び第9条の規定による改正後の泉佐野市指定文化財旧新川家住宅条例別表第2の規定は、この条例の施行の日以後に申請のあった使用に係る使用料について適用し、同日前に申請のあった使用に係る使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成18年6月30日泉佐野市条例第25号)

(施行期日)

1 この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(市民総合体育館に関する経過措置)

2 この条例の施行前に第1条の規定による改正前の泉佐野市民総合体育館条例の規定によってした処分、手続その他の行為は、同条の規定による改正後の泉佐野市民総合体育館条例の相当規定によってしたものとみなす。

附 則(平成24年3月29日泉佐野市条例第15号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

別表第1(第5条関係)

ア 専用使用

区分

単位

金額

大体育室

全面

2時間

7,200円

1/2面

2時間

3,600円

1/4面

2時間

1,800円

小体育室

2時間

3,600円

多目的室

2時間

3,600円

武道場

2時間

3,600円

会議室1

2時間

1,300円

会議室2

2時間

1,300円

備考

1 アマチュアスポーツに使用する場合で使用者が入場料又はこれに類するもの(以下「入場料等」という。)を徴収するときの使用料は、この表に掲げる金額に10を乗じて得た額とする。

2 アマチュアスポーツに使用する場合以外で使用者が入場料等を徴収しないときの使用料は、この表に掲げる金額に10を乗じて得た額とし、入場料等を徴収するときの使用料は、この表に掲げる金額に30を乗じて得た額とする。

3 使用者が本市に住所を有する者以外の者(本市内に通勤又は通学している者を除く。)である場合の使用料は、この表に掲げる金額に2を乗じて得た額とする。ただし、備考1及び備考2の規定に該当する場合は、この限りでない。

4 会議室1及び会議室2の使用料については、備考1から備考3までの規定は、適用しない。

5 単位(使用時間)の割振りについては、指定管理者が定める。

イ 共用使用

区分

単位

金額

児童・生徒等

1回

120円

その他の者

1回

250円

備考

1 「児童・生徒等」とは、3歳以上の幼児、小学生並びに中学生及びこれらに準ずる者をいう。

2 その他の者には、3歳未満児を含まない。

3 1回とは、午前9時から午後1時まで、午後1時から午後5時まで及び午後5時から午後9時までを単位とする。ただし、指定管理者は、使用状況を考慮して、時間を制限することができる。

4 共用使用は、大体育室、小体育室及び多目的室に限る。

別表第2(第5条関係)

附属設備等の使用料

種別

単位

使用料

摘要

マイクロホン

1本

500

 

放送室設備

1式

3,000

 

放送用アンプ

1式

1,000

小体育室・多目的室でマイクロホン以外の機器を接続する場合

電光式得点表示器

1セット

4,000

得点板2基を1セットとする。

ファールランプ表示器

1台

1,000

 

30秒ルール表示器

1台

1,000

 

トランポリン

1台

300

 

審判台

1台

200

 

得点表示板

1台

200

 

卓球用得点板

1個

100

 

ラケット

1本

50

 

体操用器具

各1式

1,000

鉄棒・跳箱・平均台

ボール

1個

50

バレーボール・バスケットボール・ドッチボール・ピン球

フロアシート

1本

100

1.2m(巾)×25m(長さ)

レクリェーション用器具

1個

100

 

長机

1脚

100

 

折りたたみいす

1脚

60

 

体力測定用器具

1台

500

 

黒板

1台

100

 

掲示板

1台

100

 

湯沸室

1式

1,000

 

屋外電気

1式

1,000

 

備考 本表に掲げるもの以外の附属設備等の使用料は、類似する附属設備等の使用料の額に準じて別に定める。

泉佐野市民総合体育館条例

昭和56年3月31日 条例第11号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第11類 育/第6章 社会体育
沿革情報
昭和56年3月31日 条例第11号
昭和57年9月29日 条例第21号
昭和61年3月26日 条例第3号
平成2年12月22日 条例第27号
平成6年12月22日 条例第31号
平成8年3月29日 条例第10号
平成9年3月26日 条例第7号
平成11年3月29日 条例第9号
平成13年3月31日 条例第2号
平成16年12月24日 条例第44号
平成18年6月30日 条例第25号
平成24年3月29日 条例第15号