○泉佐野市立社会福祉センター条例施行規則

昭和48年10月11日

泉佐野市規則第12号

(趣旨)

第1条 この規則は、泉佐野市立社会福祉センター条例(昭和48年泉佐野市条例第13号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(使用の申請)

第2条 泉佐野市立社会福祉センター(以下「センター」という。)を使用しようとするものは、次に掲げる事項を記載した申請書を指定管理者に提出しなければならない。申請内容を変更しようとする場合も同様とする。

(1) 使用しようとする者の住所、氏名(法人その他の団体の場合は、その名称及び代表者名)及び連絡先

(2) 使用目的

(3) 使用施設

(4) 使用日時

(5) 使用料

(6) 前各号に掲げるもののほか、指定管理者がセンターの管理上必要と認める事項

2 前項による使用申請は、社会福祉法人泉佐野市社会福祉協議会の登録団体(第6条第1号において「登録団体」という。)が使用する場合にあっては使用期日から3か月以内のもの、その他の者が使用する場合にあっては使用期日から1か月以内のものに限り受理する。ただし、指定管理者が特に必要と認めるものについては、この限りでない。

(使用の許可)

第3条 前条第1項の申請書を受理し適当と認めたときは、許可書を交付する。

(使用時間)

第4条 センターを使用することができる時間は、午前9時から午後9時までとする。ただし、指定管理者は、市長の承認を得て、これを変更することができる。

2 使用許可を受けた時間には、その準備及び後片付けに要する時間を含むものとする。

(使用時間の超過)

第5条 使用時間の超過は、センターの運営上支障がない場合にのみ許可する。

(使用料の減免)

第6条 条例第11条の市長が定める基準は、次のとおりとする。

(1) 市、登録団体又は社会福祉法人が使用する場合 10割

(2) その他市長が特に必要があると認める場合 市長が別に定める割合

(使用料の還付)

第7条 条例第12条ただし書の市長が定める基準は、次のとおりとする。

(1) 天災地変その他の不可抗力によって使用できなくなった場合 全額

(2) 使用者が使用日前7日までに使用を取り消した場合 既納の使用料の5割に相当する額

(3) 使用者が使用日前3日までに使用を取り消した場合 既納の使用料の3割に相当する額

2 使用料の還付を受けようとする者は、指定管理者に申請しなければならない。

(冷暖房施設の使用期間)

第8条 冷暖房の実施期間は、次のとおりとする。ただし、必要に応じて指定管理者は、その期間を伸縮することができる。

冷房 7月1日から9月15日まで

暖房 12月1日から翌年の3月15日まで

(休館日)

第9条 センターの休館日は、次のとおりとする。ただし、指定管理者は、市長の承認を得て、臨時に開館し、又は休館することができる。

(1) 日曜日

(2) 12月29日から翌年の1月3日まで

(3) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(使用者の守るべき事項)

第10条 使用者は、条例及びこの規則に定めるもののほか、次の事項を守らなければならない。

(1) 所定の場所以外において火気を使用しないこと。

(2) 許可を受けない器具等を所定の場所以外に持ち出さないこと。

(3) 許可を受けないで物品を販売しないこと。

(4) その他指定管理者が指示すること。

(入館制限)

第11条 次の各号のいずれかに該当する場合は、指定管理者は、入館を禁じ、又は退館を命ずることができる。

(1) 他人に危害を及ぼし、若しくは他人の迷惑となる行為をし、又はそのおそれがある場合

(2) その他管理上必要な指示に従わない場合

(破損、滅失等の届出)

第12条 使用者は、施設、付属設備、器具等を破損、汚損又は滅失したときは、直ちに指定管理者に届け出て、その指示を受けなければならない。

(使用終了の届出)

第13条 使用者は、センターの使用を終了したときは、直ちに届け出て点検を受けなければならない。

(許可書等の提示義務)

第14条 使用者は、使用中第3条の規定により交付された許可書を携帯し、指定管理者から要求されたときは、いつでもこれを提示しなければならない。

(職員等の立入り)

第15条 使用者は、職員又は指定管理者が管理上必要があって使用場所への立入りを求めた場合は、これを拒むことができない。

(細則)

第16条 この規則に定めるもののほか、センターの管理及び運営について必要な事項は、市長が定める。

付 則

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(昭和50年5月31日泉佐野市規則第10号)

この規則は、昭和50年6月1日から施行する。

付 則(昭和52年4月30日泉佐野市規則第27号)

この規則は、昭和52年5月1日から施行する。

付 則(昭和52年6月15日泉佐野市規則第33号)

1 この規則は、昭和52年7月1日から施行する。

2 この規則による改正後の泉佐野市立社会福祉センター条例施行規則第2条の規定は、この規則の施行日以後のセンター使用申請に係るものから適用し、同日前に係るものについては、なお従前の例による。

付 則(昭和53年4月1日泉佐野市規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(昭和54年6月30日泉佐野市規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(昭和55年7月1日泉佐野市規則第11号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

付 則(昭和57年7月1日泉佐野市規則第13号)

この規則は、昭和57年7月1日から施行する。

付 則(昭和62年7月7日泉佐野市規則第15号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(昭和62年12月28日泉佐野市規則第30号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成11年5月13日泉佐野市規則第17号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に存するこの規則による改正前の様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

附 則(平成13年3月31日泉佐野市規則第13号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成13年12月26日泉佐野市規則第36号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成16年3月29日泉佐野市規則第6号)

(施行期日)

1 この規則は、平成16年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 第1条の規定による改正後の泉佐野市公園条例施行規則第3条の規定及び第2条の規定による改正後の泉佐野市立社会福祉センター条例施行規則第6条の規定は、平成16年4月1日以後の申請に係る使用料の減免から適用し、同日前の申請に係る使用料の減免については、なお従前の例による。

附 則(平成17年2月22日泉佐野市規則第3号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月29日泉佐野市規則第15号)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(泉佐野市公印規則の一部改正)

2 泉佐野市公印規則(昭和35年泉佐野市規則第65号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう略〕

附 則(平成18年12月29日泉佐野市規則第42号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月18日泉佐野市規則第6号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

泉佐野市立社会福祉センター条例施行規則

昭和48年10月11日 規則第12号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第7類 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
昭和48年10月11日 規則第12号
昭和50年5月31日 規則第10号
昭和52年4月30日 規則第27号
昭和52年6月15日 規則第33号
昭和53年4月1日 規則第2号
昭和54年6月30日 規則第8号
昭和55年7月1日 規則第11号
昭和57年7月1日 規則第13号
昭和62年7月7日 規則第15号
昭和62年12月28日 規則第30号
平成11年5月13日 規則第17号
平成13年3月31日 規則第13号
平成13年12月26日 規則第36号
平成16年3月29日 規則第6号
平成17年2月22日 規則第3号
平成18年3月29日 規則第15号
平成18年12月29日 規則第42号
平成23年3月18日 規則第6号