○泉佐野市道路占用規則

平成9年3月21日

泉佐野市規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は、道路法(昭和27年法律第180号。以下「法」という。)、道路法施行令(昭和27年政令第479号。以下「令」という。)、道路法施行規則(昭和27年建設省令第25号。以下「省令」という。)その他別に定めがあるもののほか、道路の占用について必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この規則において道路とは、市道及び市長の管理する道路並びにその付属物をいう。

(占用の許可)

第3条 法第32条第1項の規定による道路の占用(以下「占用」という。)をしようとする者(以下「占用者」という。)は、省令別記様式第5を市長に提出し、許可を受けなければならない。法第32条第3項の規定により占用の変更をしようとする場合においてもまた同様とする。

2 前項の申請書には、次の各号に掲げる書類及び図面を添えなければならない。ただし、軽易なものについては、その一部を省略することができる。

(1) 占用位置図及びその付近を表示した図面

(2) 占用物件の平面図、横断図及び縦断図

(3) 占用物件の構造図、設計書及び仕様書

(4) 前各号のほか、特に市長が必要と認めたもの

3 占用の許可は、市長が定める道路占用許可基準により行うものとする。

(占用の軽易な変更)

第4条 占用者が占用について令第8条各号に該当する軽易な変更をしようとする場合は、道路占用変更届(様式第1号)を市長に提出し、承認を受けなければならない。

(占用の廃止)

第5条 占用者が占用を廃止した場合又は法第71条の規定により占用許可の取消しを受けた場合は、直ちに道路占用廃止届(様式第2号)を市長に提出し、道路の原状回復について指示を受けなければならない。

(名義変更等の届出)

第6条 占用者は、住所又は氏名若しくは名称を変更したときは、直ちにその旨を市長に届け出なければならない。

(申請書等の提出)

第7条 この規則により提出する申請書又は届書は、各2通とする。

(道路の原状回復の特例)

第8条 市長は、道路管理上必要と認めた場合は、占用者の費用負担で原状回復工事を施行することができる。

(過納の占用料の還付)

第9条 占用者が占用を廃止した場合又は法第71条の規定により占用許可の取消しを受けた場合において占用料金の過納があるときは、道路占用料還付申請書(様式第3号)を市長に提出し、既納の占用料の還付を受けることができる。

2 市長は、前項の申請があった場合は、占用の廃止を確認のうえ、申請があった日の属する月の翌月分から占用料に相当する金額を還付する。この場合においてその算出額が50円未満のものについては還付しない。

(権利義務の移転の制限)

第10条 占用者は、許可によって生じた権利及び義務を他人に移転することができない。

附 則

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成22年1月26日泉佐野市規則第1号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

泉佐野市道路占用規則

平成9年3月21日 規則第6号

(平成22年4月1日施行)