○泉佐野市法定外公共物管理条例

平成16年12月24日

泉佐野市条例第50号

(趣旨)

第1条 この条例は、法定外公共物の管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において「法定外公共物」とは、道路、河川、堤、水路等で一般公共の用に供されているもの(これらと一体をなしている施設、工作物等で市が管理するものを含む。)のうち、道路法(昭和27年法律第180号)及び河川法(昭和39年法律第167号)の適用を受けないもので市が所有するものをいう。

(行為の禁止)

第3条 何人も、法定外公共物について、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 法定外公共物を損傷し、又は汚損すること。

(2) 法定外公共物に土石(砂を含む。)、竹木、廃棄物その他これらに類するものを捨てること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、法定外公共物の管理又は利用に支障を及ぼすおそれのある行為をすること。

(行為の許可)

第4条 次に掲げる行為をしようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

(1) 法定外公共物の敷地を使用すること。

(2) 法定外公共物の敷地内において工作物を新築し、改築し、又は除却すること。

2 市長は、前項の許可をする場合は、法定外公共物の管理のために必要な条件を付けることができる。

3 第1項の許可の期間は、5年以内とする。ただし、市長が特に必要があると認める場合は、10年以内とする。

(使用料)

第5条 第4条第1項の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、別表に掲げる使用料を納付しなければならない。

2 市長は、規則で定めるところにより、使用料を減額し、又は免除することができる。

3 既納の使用料は、還付しない。ただし、市長は、規則で定めるところにより、その全部又は一部を還付することができる。

(権利譲渡の禁止)

第6条 使用者は、第4条第1項の許可に基づく権利を他人に譲渡し、転貸し、又は担保に供してはならない。

(許可の取消し等)

第7条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、第4条第1項の許可を取り消し、その効力を停止し、若しくはその条件を変更し、又は法定外公共物を原状に回復することを命ずることができる。

(1) 使用者がこの条例若しくはこの条例に基づく規則又は第4条第2項の条件に違反したとき。

(2) 使用者が偽りその他不正の手段により第4条第1項の許可を受けたとき。

2 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用者に対し、必要な措置をとることを命ずることができる。

(1) 第4条第1項の許可に係る行為又は工作物その他の物件が法定外公共物の管理に著しい支障を及ぼすおそれがあると認められるとき。

(2) 法定外公共物に係る工事のためにやむを得ない必要が生じたとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が特に必要があると認めるとき。

(行為の承認)

第8条 法定外公共物の敷地内において、掘削、盛土等の工事をしようとする者は、あらかじめ市長の承認を受けなければならない。

2 第4条第1項後段及び第2項並びに前条の規定は、前項の承認について準用する。

(過料)

第9条 次の各号の一に該当する者は、50,000円以下の過料に処する。

(1) 第3条の規定に違反した者

(2) 第4条第1項の許可を受けずに、同項各号に掲げる行為をした者

(3) 第7条第1項又は第2項に規定する命令に違反した者

(4) 前条第1項の承認を受けずに、掘削、盛土等の工事をした者

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年6月29日泉佐野市条例第21号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第5条関係)

使用区分

単位

金額

地上に設けるもの

電柱、支柱、支線柱等

1本/1年

1,820円

電話柱、支柱、支線柱等(電柱であるものを除く。)

1本/1年

680円

共架電線その他上空に設ける線類

1m/1年

10円

地下に設ける電線その他の線類

1m/1年

5円

路上に設ける変圧器

1個/1年

700円

地下に設ける変圧器

1m2/1年

480円

変圧塔その他これに類するもの及び公衆電話所

1個/1年

1,710円

郵便差出箱

1個/1年

600円

広告塔

表示面積1m2/1年

4,400円

簡易携帯電話システム無線基地局及びこれに類するもの

1個/1年

850円

その他のもの

1m2/1年

1,400円

地下に設けるもの

管類

外径0.1m未満のもの

1m/1年

100円

外径0.1m以上0.15m未満のもの

1m/1年

150円

外径0.15m以上0.2m未満のもの

1m/1年

200円

外径0.2m以上0.4m未満のもの

1m/1年

400円

外径0.4m以上1m未満のもの

1m/1年

1,000円

外径1m以上のもの

1m/1年

2,000円

その他のもの

1m2/1年

1,000円

水路上に設けるもの

水路上に設ける橋りょう、通路その他これらに類するもの

1m2/1年

700円

備考

1 使用期間が1年未満であるとき又はその期間に1年未満の端数があるときは、1月につき年額の12分の1に相当する金額に月数(1月未満の端数があるときは、1月として計算する。)を乗じて得た額とする。

2 使用物件の面積若しくは長さが1平方メートル若しくは1メートル未満であるとき又はこれらの面積若しくは長さに1平方メートル若しくは1メートル未満の端数があるときは、1平方メートル又は1メートルとして計算する。

3 使用料を計算した場合において、その金額に10円未満の端数が生じたときは、10円として計算する。

泉佐野市法定外公共物管理条例

平成16年12月24日 条例第50号

(平成19年6月29日施行)