○泉佐野市長期継続契約に関する条例

平成18年12月21日

泉佐野市条例第36号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の17の規定に基づき、市が締結する長期継続契約(地方自治法(昭和22年法律第67号)第234条の3に規定する契約をいう。以下同じ。)について必要な事項を定めるものとする。

(長期継続契約を締結することができる契約)

第2条 地方自治法施行令第167条の17の条例で定める契約は、次に掲げるものとする。

(1) 複写機、電子計算機等の事務機器その他物品を借り入れる契約で、商慣習上契約期間を複数年にすることとされているもの

(2) 庁舎等の施設管理、機械設備等の保守点検その他の委託契約で、年間を通じて役務の提供を受ける必要があるもの

(長期継続契約の期間)

第3条 長期継続契約における契約期間は、5年以内とする。ただし、市長が必要と認めるときは、この限りでない。

(委任)

第4条 この条例に定めるもののほか、長期継続契約に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

この条例は、平成19年1月1日から施行する。

泉佐野市長期継続契約に関する条例

平成18年12月21日 条例第36号

(平成19年1月1日施行)

体系情報
第6類 務/第2章 契約・財産
沿革情報
平成18年12月21日 条例第36号