○泉佐野市立市民交流センター条例施行規則

平成24年3月28日

泉佐野市規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、泉佐野市立市民交流センター条例(平成23年泉佐野市条例第16号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 泉佐野市立市民交流センター(以下「センター」という。)の開館時間は、次のとおりとする。ただし、指定管理者は、市長の承認を得て、これを変更することができる。

区分

開館時間

1 本館

午前10時から午後8時まで

2 青少年分館 青少年センター

午前10時から午後6時まで

3 体育分館

午前10時から午後9時まで

4 福祉分館

午前10時から午後4時まで

(休館日)

第3条 センターの休館日は、次のとおりとする。ただし、指定管理者は、市長の承認を得て、臨時に開館し、又は休館することができる。

区分

休館日

1 本館 青少年分館 青少年センター

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下この表において「休日」という。

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日

2 体育分館

(1) 月曜日(その日が休日に当たるときは、その翌日)

(2) 12月29日から翌年の1月3日までの日

3 福祉分館

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日

(使用許可の申請等)

第4条 センターを使用しようとする者は、指定管理者が指定する期間内に、次に掲げる事項を記載した申請書を指定管理者に提出しなければならない。ただし、個人が体育分館の体育室又はトレーニング室を使用する場合は、この限りでない。

(1) 使用しようとする者の住所、氏名(法人その他の団体の場合は、その名称及び代表者名)及び連絡先

(2) 使用目的

(3) 使用施設

(4) 使用日時

(5) 使用料

(6) 前各号に掲げるもののほか、指定管理者がセンターの管理上必要と認める事項

2 指定管理者は、センターの使用を許可したときは、許可書を交付する。

3 前2項の規定は、許可を受けた事項を変更する場合に準用する。

(使用料の減免)

第5条 条例第6条第2項の市長が定める基準は、次のとおりとする。

(1) センターのクラブ登録を受けた団体が使用する場合 7割

(2) 市内の保育所、認定こども園、幼稚園、小学校及び中学校が使用する場合 7割

(3) 市内の障害者、高齢者、ひとり親家庭等の団体が使用する場合 7割

(4) 市内の社会福祉法(昭和26年法律第45号)第2条に規定する社会福祉事業を行う団体及び社会教育法(昭和24年法律第207号)第10条に規定する社会教育関係団体が使用する場合 3割

(5) その他市長が特に必要があると認める場合 市長が別に定める割合

(使用料の還付)

第6条 条例第6条第3項ただし書の市長が定める基準は、次のとおりとする。

(1) 使用者の責めに帰すことのできない理由によって使用することができない場合 全額

(2) 使用日の7日前までに使用を取り消した場合 全額

2 使用料の還付を受けようとする者は、指定管理者に申請しなければならない。

(入館の制限)

第7条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、入館を拒み、又は退館させることができる。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれがあると認められるとき。

(2) 建物又は附属設備を毀損し、又は滅失するおそれがあると認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、センターの管理上支障があると認められるとき。

(委任)

第8条 この規則の施行について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成29年12月25日泉佐野市規則第23号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

泉佐野市立市民交流センター条例施行規則

平成24年3月28日 規則第4号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第7類 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成24年3月28日 規則第4号
平成29年12月25日 規則第23号