○泉佐野市駅前広場条例施行規則

平成29年3月31日

泉佐野市規則第14号

(趣旨)

第1条 この規則は、泉佐野市駅前広場条例(平成29年泉佐野市条例第8号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(許可の申請等)

第2条 条例第5条第1項の許可を受けようとする者は、駅前広場占用許可申請書(以下「申請書」という。)に次に掲げる書類を添付して市長に提出しなければならない。

(1) 位置図

(2) 平面図、横断図及び縦断図

(3) 構造図、設計書及び仕様書

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

2 前項の規定にかかわらず、市長が適当であると認めるときは、同項各号に掲げる書類の一部を省略することができる。

3 市長は、第1項に規定する申請を許可したときは、駅前広場占用許可書(以下「許可書」という。)を交付するものとする。

4 前3項の規定は、許可を受けた事項を変更する場合に準用する。

(許可の更新)

第3条 前条第3項に規定する許可を受けた者が当該許可を更新しようとするときは、申請書を市長に提出しなければならない。

2 前項に規定する申請は、当該更新の対象となる許可の期間が満了する日の30日前までにしなければならない。

3 市長は、第1項に規定する更新の申請を許可したときは、許可書を交付するものとする。

(使用料の免除)

第4条 条例第7条の規定により使用料の全部又は一部を免除することができる場合及びその割合は、次のとおりとする。

(1) 国又は地方公共団体が行う事業に使用する場合 10割

(2) その他市長が特に必要があると認める場合 市長が必要と認める割合

(使用料の還付)

第5条 条例第8条ただし書の規定により使用料の全部又は一部を還付することができる場合は、次のとおりとする。

(1) 公益上の理由又は市が行う事業により市長が許可を取り消した場合

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が特に必要があると認める場合

2 還付する使用料は、還付の申請があった日の属する月の翌月分からの使用料に相当する額とする。

(工事着手等の届出)

第6条 第2条第3項及び第3条第3項に規定する許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、当該許可を受けた工作物、物件又は施設の工事に着手する日の7日前までに駅前広場工事着手届を市長に提出しなければならない。

2 使用者は、前項の工事が完了したときは、速やかに駅前広場工事完了届を市長に提出しなければならない。

3 使用者は、その使用を終了したとき又は条例第10条の規定により使用の許可を取り消され、若しくは効力を停止されたときは、直ちに駅前広場占用廃止届を市長に提出しなければならない。

4 使用者は、住所又は氏名(法人その他の団体にあっては、主たる事務所の所在地、名称又は代表者の氏名)に変更があったときは、速やかに駅前広場住所等変更届にその事実を証する書類を添付して市長に提出しなければならない。

(補修の責任)

第7条 使用者は、使用した場所に沈下、亀裂等の損傷が生じたときは、その損傷を補修しなければならない。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

泉佐野市駅前広場条例施行規則

平成29年3月31日 規則第14号

(平成29年4月1日施行)