○神栖市議会議事堂管理規程

昭和56年11月1日

議会訓令第3号

(趣旨)

第1条 神栖市議会議事堂(議場,議員控室等をいう。以下「議場」という。)の使用及び管理については,この訓令の定めるところによる。

(管理責任者)

第2条 議場は,議長の命を受け議会事務局においてこれを管理する。

(使用許可の範囲)

第3条 議場は,法令に特別の定めのある場合及び議会がその必要により使用する場合を除くほか,次に掲げる場合には,議長がその使用を許可することができる。

(1) 市の主催する地方自治に関する集会

(2) その他議長が必要と認めた集会

2 議場の使用を許可した後において議会が必要を生じたときは,議長は,使用責任者にその旨を通知して,前項の許可を取り消すことができる。

(許可の手続)

第4条 前条第1項の規定により使用許可を受けようとする者は,使用の前日までに議場使用許可申請書(様式第1号)を議長に提出し,議場使用許可書(様式第2号)により許可を受けなければならない。

(損害の賠償)

第5条 議場の使用許可を受けた者が,議場及びその備品を汚損し,又はき損したときは,その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第6条 この訓令に定めるもののほか,議場の使用に関し必要な事項は,議長が別に定める。

付 則

この訓令は,昭和56年11月1日から施行する。

画像

画像

神栖市議会議事堂管理規程

昭和56年11月1日 議会訓令第3号

(昭和56年11月1日施行)