○神栖市市政モニターに関する規程

昭和51年11月30日

告示第44号

(趣旨)

第1条 この告示は,神栖市非常勤職員の職の設置に関する規則(昭和48年神栖町規則第14号)第5条の規定に基づき,神栖市市政モニター(以下「モニター」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(定数)

第2条 モニターの定数は,10人以内とする。

(モニターの委嘱)

第3条 モニターは,神栖市に住所を有する満20歳以上の市民の中から,性別,職業,年齢等を考慮して,市長が委嘱する。ただし,議会の議員,市の職員及びその家族を除く。

(任期)

第4条 モニターの任期は,2年とする。ただし,再任を妨げない。

2 モニターに欠員を生じた場合において,新たに選任されたモニターの任期は,前任者の残任期間とする。

(報酬等)

第5条 モニターの報酬及び旅費は,別に定めるところによる。

(職務)

第6条 モニターの職務は,次に定めるところによる。

(1) 市政に関するアンケートの回答に関すること。

(2) 市内における意見,要望及び情報を随時通報すること。

(3) 情報意見交換会,市政懇談会,施設見学会等に参加すること。

(情報意見交換会)

第7条 モニターは,情報意見交換会に出席して意見を述べることができる。

2 情報意見交換会は,必要に応じ市長が招集し,その座長となって会議の運営を図るものとする。

(庶務)

第8条 モニターに関する庶務は,市政モニター主管課で処理する。

(補則)

第9条 この告示の施行に関し必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この告示は,公布の日から施行する。

(波崎町の編入に伴う経過措置)

2 波崎町の編入の日前に,波崎町町政モニター設置要綱(昭和60年波崎町規程第2号)の規定により委嘱されたモニターは,この告示の相当規定により委嘱されたものとみなし,引き続き任期満了まで任用するものとする。

付 則(昭和56年告示第31号)

この告示は,昭和56年10月1日から施行する。

付 則(昭和61年告示第23号)

この告示は,公布の日から施行する。

付 則(平成6年告示第17号)

この告示は,公布の日から施行する。

付 則(平成17年告示第59号)

この告示は,平成17年8月1日から施行する。

付 則(平成18年告示第40号)

この告示は,平成18年4月1日から施行する。

付 則(平成19年告示第32号)

この告示は,平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成20年告示第18号)

この告示は,平成20年4月1日から施行する。

付 則(平成23年告示第27号)

この告示は,平成23年4月1日から施行する。

神栖市市政モニターに関する規程

昭和51年11月30日 告示第44号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第5節 広報・広聴
沿革情報
昭和51年11月30日 告示第44号
昭和56年9月30日 告示第31号
昭和61年4月1日 告示第23号
平成6年4月1日 告示第17号
平成17年7月13日 告示第59号
平成18年3月31日 告示第40号
平成19年3月29日 告示第32号
平成20年3月26日 告示第18号
平成23年3月8日 告示第27号