○神栖市被災住民緊急受入条例施行規則

平成7年7月1日

規則第9号

(趣旨)

第1条 この規則は,神栖市被災住民緊急受入条例(平成7年神栖町条例第14号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(申請)

第2条 条例第3条の規定による申請は,神栖市被災住民緊急受入申請書(様式第1号)により行うものとする。

(受入れの可否)

第3条 条例第4条の規定による受入れの可否は,神栖市被災住民緊急受入決定(却下)通知書(様式第2号)により行うものとする。

(経費の補助)

第4条 条例第7条の規定による経費の補助は,別表のとおりとする。

(補則)

第5条 この規則に定めるもののほか,この規則の施行に関し必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この規則は,公布の日から施行する。

別表(第4条関係)

区分

補助の内容

受入れに係る交通費の補助

全額補助する。

見舞金の支給

一時金として,1人当たり50,000円を支給する。ただし,その額が1世帯で200,000円を超える場合は,200,000円を限度とする。

受入施設等への補助

(1) 一般家庭にホームステイした場合

1人1日当たり1,500円を一般家庭に支給する。

(2) 企業社宅に入居した場合

ア 1人1日当たり1,500円を入居者に支給する。

イ 光熱水費等,受入に要する経費を受入企業に支給する。

(3) 一戸建て住宅に入居した場合

1人1日当たり1,500円及び光熱水費等受入に要する経費を入居者に支給する。

(4) 市営住宅に入居した場合

1人1日当たり1,500円及び神栖市営住宅条例(平成9年神栖市条例第11号)第18条に規定する費用を入居者に支給する。

※ (1)の措置は1か月間,(2)から(4)までの措置は3か月間を限度とし,以後については,面談の上,決定する。

その他

(1) 寝具及び食器類等,日常生活において最低限必要なものについては,現物貸与する。

(2) 条例に規定する公の施設の使用料等については,原則として2年間これを免除する。

(3) 神栖市路線バス福祉パスを交付する。

画像

画像

神栖市被災住民緊急受入条例施行規則

平成7年7月1日 規則第9号

(平成7年7月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成7年7月1日 規則第9号