○神栖市高齢者生きがい講座等設置要項

平成16年3月19日

告示第17号

(設置)

第1条 介護予防及び生きがい活動を推進し,並びに普及を図るため,神栖市高齢者生きがい講座等(以下「生きがい講座等」という。)を設置する。

(事業)

第2条 生きがい講座等は,実施施設の状況,高齢者等の希望及び身体状況に応じた教養,趣味活動等の教室等(以下「講座」という。)を開設する。

(受講資格)

第3条 受講生は,原則としておおむね60歳以上の高齢者であって,次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 住民基本台帳に記録されている者

(2) その他市長が特に必要と認めた者

(受講料)

第4条 受講生は,受講料として,市長が別に定める金額を納めるものとする。

(活動成果の評価及び修了証の交付)

第5条 市長は,講座が修了したときは,当該講座修了の認定を行い,講座修了証を授与するものとする。

(実施機関)

第6条 生きがい講座等の実施機関は,神栖市老人福祉センター及び神栖市はさき福祉センター(以下「老人福祉センター等」という。)とする。

(委員会の設置)

第7条 生きがい講座等の円滑かつ効果的な運営に資するため,老人福祉センター等に生きがい講座等運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(委員会の所掌事務)

第8条 委員会は,次に掲げる事項について,意見交換及び提言を行う。

(1) 生きがい講座等の運営方針に関すること。

(2) 生きがい講座等の企画運営に関すること。

(3) 生きがい講座等の事業推進に関すること。

(委員会の組織)

第9条 委員会の委員は,各講座の講師及び代表者40人以内をもって構成する。

(委員の任期)

第10条 委員の任期は,1年とし,委員が欠けた場合における補欠委員の任期は,前任者の残任期間とする。ただし,再任は妨げない。

(委員長及び副委員長)

第11条 委員会に委員長及び副委員長各1人を置く。

2 委員長及び副委員長は,委員の互選により定める。

3 委員長は会議を総理し,委員会を代表する。

4 副委員長は委員長を補佐し,委員長に事故があるとき,又は委員長が欠けたときは,その職務を代理する。

(委員会の会議)

第12条 委員会の会議(以下「会議」という。)は,必要に応じ,委員長が招集する。ただし,委員の決定後最初に開かれる会議並びに委員長及び副委員長が欠けたときの会議は,老人福祉センター等の所長が招集する。

2 委員長は,会議の議長となる。

3 会議は,委員の過半数の出席がなければ,開くことができない。

4 会議の議事は,出席議員の過半数で決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

(委員会の庶務)

第13条 委員会の庶務は,老人福祉センター等において処理する。

(補則)

第14条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この告示は,平成16年4月1日から施行する。

(波崎町の編入に伴う経過措置)

2 旧波崎町地区については,平成17年度に限り,この告示は適用しないものとする。

3 波崎町の編入の日前の神栖町及び波崎町の転出入は,神栖市に継続して居住していたものとみなして,第3条第1号の規定を適用する。

付 則(平成17年告示第90号)

この告示は,平成17年8月1日から施行する。

付 則(平成24年告示第93号)

この告示は,平成24年7月9日から施行する。

付 則(平成27年告示第46号)

この告示は,平成27年3月25日から施行する。

神栖市高齢者生きがい講座等設置要項

平成16年3月19日 告示第17号

(平成27年3月25日施行)