○神栖市敬老祝金支給条例

平成17年6月24日

条例第70号

神栖町敬老年金支給条例(昭和47年神栖町条例第17号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この条例は,高齢者に対して敬老祝金(以下「祝金」という。)を支給することにより,敬老の意を表し,併せて福祉の増進を図ることを目的とする。

(受給対象者)

第2条 祝金は,当市の住民基本台帳に記録されている者で,かつ,9月15日現在において次の各号のいずれにも該当するものに支給する。

(1) 年齢が満70歳以上であること。

(2) 当市に引き続き3年以上居住していること。

(祝金の額)

第3条 祝金の額は,20,000円とする。

(祝金の支給時期)

第4条 祝金は,毎年9月に支給する。

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は,規則で定める。

付 則

(施行期日)

1 この条例は,平成17年8月1日から施行する。

(居住要件の特例)

2 平成17年3月31日現在において神栖町の住民基本台帳に記録又は外国人登録原票に登録されている者であって,引き続き本市に居住している者における第2条第2号の適用については,同号中「3年以上」とあるのは「6か月以上」とする。

(波崎町の編入に伴う経過措置)

3 平成16年9月15日現在において波崎町の住民基本台帳に記録又は外国人登録原票に登録されている者であって,引き続き本市に居住している者は,第2条第2号の規定を満たしたものとみなす。

4 波崎町の編入の日前の神栖町及び波崎町間の転出入は,神栖市に継続して居住していたものとみなして,第2条第2号の規定を適用する。

5 平成17年7月31日現在において波崎町の区域に住所を有する者及び平成17年3月16日から平成17年7月31日の間に波崎町から神栖町の区域に住所を異動した者に支給する祝金の額は,第3条の規定にかかわらず,平成17年にあっては10,000円,平成18年にあっては15,000円とする。

付 則(平成24年条例第24号)

この条例は,平成24年7月9日から施行する。

神栖市敬老祝金支給条例

平成17年6月24日 条例第70号

(平成24年7月9日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成17年6月24日 条例第70号
平成24年6月28日 条例第24号