○神栖市かみすファミリーサポートセンター事業実施要項

平成18年3月6日

告示第20号

(目的)

第1条 この告示は,育児の援助を受けたい者(以下「利用者」という。)及び育児の援助をしたい者(以下「子育てサポーター」という。)を会員として組織化し,会員相互の援助活動を行うかみすファミリーサポートセンター(以下「センター」という。)に関する事業を実施することにより,地域の子育て支援を図ることを目的とする。

(事業主体)

第2条 センターの実施主体は,神栖市とする。ただし,事業の運営については,委託することができる。

(業務)

第3条 センターは,次に掲げる業務を行う。

(1) 会員の募集,登録その他の会員組織に関する業務

(2) 会員相互の援助活動の調整に関する業務

(3) 会員に対して会員相互の援助活動に必要な知識を付与するために行う講習会等に関する業務

(4) 会員の交流を深め,情報交換の場を提供するための交流会に関する業務

(5) センターの広報に関する業務

(6) 前各号に掲げるもののほか,センターの目的達成に必要な業務

(コーディネーター)

第4条 センターにコーディネーターを置く。

2 コーディネーターは,前条に規定する業務に関する事務を処理する。

3 コーディネーターは,援助活動の調整に関する業務を行ったときは,調整内容及び結果を記録するものとする。

(会員)

第5条 会員は,利用者若しくは子育てサポーター又は両者を兼ねる者であって,市長の承認を受けたものとする。

2 利用者は,次に掲げる要件を満たす者でなければならない。

(1) 市内に居住し,又は勤務していること。

(2) 利用者の子がおおむね生後2か月以上の児童であること。

3 子育てサポーターは,次に掲げる要件を満たす者でなければならない。

(1) 市内に居住していること。

(2) センターの実施する基礎研修を修了していること。ただし,保育士,看護士等の有資格者及び市長が特に受講を要しないと認めた者は,この限りでない。

(3) 心身ともに健康で積極的に援助活動を行うことができること。

(4) センターの実施する研修会その他関係行事等に参加することができること。

(会員の遵守事項)

第6条 会員は,次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 援助活動により知り得た秘密を漏らしてはならない。退会した後も,同様とする。

(2) 会員の地位を利用して政治活動,宗教活動等を行ってはならない。

(3) 援助活動において,営利等を目的とする行為を行ってはならない。

(4) その他センターの目的に反した行為を行ってはならない。

(会員の入会)

第7条 利用者としてセンターに入会しようとする者にあっては,かみすファミリーサポートセンター入会申込書(利用会員)(様式第1号)を,子育てサポーターとしてセンターに入会しようとする者にあっては,かみすファミリーサポートセンター入会申込書(子育てサポーター)(様式第1号の2)を市長に提出し,承認を受けなければならない。

2 前項の場合において,市長は,子育てサポーターの承認をするときは,申込者に対し,かみすファミリーサポートセンター会員証(様式第2号。以下「会員証」という。)を交付する。

(再発行)

第7条の2 子育てサポーターは,会員証を紛失し,毀損し,又は汚損した場合,会員証の再発行を受けようとするときは,かみすファミリーサポートセンター会員証再発行申請書(様式第2号の2)により,市長に提出しなければならない。

(会員の退会)

第8条 会員が退会しようとするときは,かみすファミリーサポートセンター退会届(様式第3号)を市長に提出しなければならない。この場合において,退会しようとする会員がであるときは,会員証を添えなければならない。

(保険)

第9条 会員は,ファミリーサポートセンター補償保険に加入しなければならない。

2 前項の保険に加入する費用は,市が負担する。

(援助活動の実施方法)

第10条 利用者は,援助活動を受けようとするときは,市長に申し込むものとする。

2 利用者からの援助の申込みを受けたときは,コーディネーターは,利用者が希望する援助活動の内容,日時等を確認し,子育てサポーターとの調整を行うものとする。

3 コーディネーターは,援助活動開始前に利用者及び子育てサポーターとの事前打ち合わせを行い,援助活動の内容について十分協議するものとする。

4 利用者は,コーディネーターと調整した依頼内容以外の援助を求めてはならない。

5 子育てサポーターは,援助活動を実施したときは,子育てサポーター援助活動記録(様式第4号。以下「援助活動記録」という。)に活動の内容を記載し,利用者の確認を受けなければならない。

6 子育てサポーターは,援助活動記録を実施した月の翌月の5日までにセンターに提出しなければならない。

(援助活動の内容)

第11条 援助活動の内容は,次に掲げるとおりとする。

(1) 保育所(園),幼稚園,児童クラブその他これに類する施設(以下「保育施設等」という。)の開始前又は終了後に児童を預かること。

(2) 保育施設等までの児童の送迎を行うこと。

(3) 保育施設等が休みのときに,児童を預かること。

(4) 児童の軽度の病気,親等が病気の場合等,臨時的又は突発的に児童を預かること。

(5) その他会員間で行う育児に係る援助活動としてふさわしいもの

2 援助活動は,子育てサポーターの自宅又は児童館等(神栖市女性・子どもセンター並びに神栖市児童厚生施設の設置及び管理に関する条例(平成9年神栖町条例第5号)第3条の表に掲げる児童センター及び児童館をいう。)において実施するものとする。ただし,会員間で合意があるときは,この限りでない。

3 前項の場合において児童館等で実施する援助活動は,当該児童館等の開館時間内とする。

4 児童の宿泊を伴う援助活動は,行わないものとする。

(利用料金)

第12条 利用者は,子育てサポーターに対し,援助活動終了後に別表に定める基準に従い利用料金を支払うものとする。

(補則)

第13条 この告示に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この告示は,公布の日から施行する。

(既存の告示の廃止)

2 次に掲げる告示は廃止する。

(1) 神栖市子育てサポーター設置事業実施要項(平成17年神栖町告示第88号)

(2) 神栖市子育てサポーター設置事業実施細則(平成17年神栖町告示第89号)

(経過措置)

3 この告示の施行の日前に,神栖市子育てサポーター設置事業実施細則の規定によりなされた手続その他の行為は,この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

付 則(平成25年告示第82号)

この告示は,平成25年5月1日から施行する。

付 則(平成26年告示第47号)

この告示は,平成26年4月1日から施行する。

別表(第12条関係)

利用料金に関する基準額

利用料金

時間帯

基本料金

備考

7:00~19:00

1時間当たり 650円

 

6:00~7:00及び19:00~22:00

1時間当たり 750円

 

備考

1 複数の子どもを預けるときは,2人目から半額とする。ただし,複数のサポーターが援助するときは,基本料金に準じた利用料金とする。

2 最初の1時間までは,それに満たない場合でも1時間とみなし,それを超える1時間の端数が30分以下は基準額の半額,30分を超え1時間までは1時間として計算する。

3 取消しについての扱いは,次のとおりとする。

(1)

前日までの申出

無料

(2)

当日の申出

1時間当たりの基本料金(2時間未満のときは利用料金の半額)

(3)

申出なし

全額

4 食事(ミルク),おやつ,おむつ等は,利用者が準備する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

神栖市かみすファミリーサポートセンター事業実施要項

平成18年3月6日 告示第20号

(平成26年4月1日施行)