○神栖市議会委員長及び副委員長会議に関する規程

平成21年4月1日

議会訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は,神栖市議会委員長及び副委員長会議(以下「正副委員長会議」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(構成)

第2条 正副委員長会議は,議長及び副議長並びに各常任委員会及び議会運営委員会並びに特別委員会の委員長及び副委員長をもって構成する。

(招集)

第3条 正副委員長会議は,議長が必要があると認めたとき,これを招集する。

(開議)

第4条 正副委員長会議は,半数以上が出席しなければ,会議を開くことができない。

(協議事項)

第5条 正副委員長会議は,委員会を円滑かつ効率的に運営するため,次の事項を協議する。

(1) 委員会の開催時期等の調整に関すること。

(2) その他委員会運営に関すること。

(討議)

第6条 正副委員長会議は,議長の許可を得て自由に討議することができる。

(決定事項の遵守義務)

第7条 正副委員長会議で決定した事項については,これを遵守しなければならない。

(効果)

第8条 正副委員長会議において合意された事項等については,議会の議決として拘束はされないものとする。

(傍聴)

第9条 正副委員長会議を傍聴しようとする者は,あらかじめ議長に申し出て許可を得なければならない。ただし,重要な事件については,議長は,許否を会議に諮らなければならない。

2 議長は,必要があると認めるときは,傍聴人の退場を命ずることができる。

(記録)

第10条 正副委員長会議は,議長が職員をして会議の概要,出席委員の氏名等必要な事項を記載した記録を作成させ,これに署名又は押印をしなければならない。

2 前項の記録は,電磁的記録によることができる。この場合における同項の署名又は押印については,地方自治法(昭和22年法律第67号)第123条第3項の規定を準用する。

3 前2項の記録は,議長が保管する。

(委任)

第11条 この訓令に定めるもののほか,必要な事項は,議長が別に定める。

付 則

この訓令は,平成21年4月1日から施行する。

神栖市議会委員長及び副委員長会議に関する規程

平成21年4月1日 議会訓令第1号

(平成21年4月1日施行)