○宗像市職員の創意発案に関する規程

平成15年4月1日

訓令第12号

(目的)

第1条 この訓令は、広く職員の市政に関する創意発案を奨励することにより、職員の創造力、研究心及び市政運営への参加意欲を高め、もって市政各般の業務を改善し、行政能力の向上を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この訓令において「発案」とは、市の事務及び事業に関する創意、工夫、計画等をいう。

(資格)

第3条 発案できる者は、市長、議会、教育委員会、監査委員、農業委員会及び公営企業の事務部局に勤務する一般職の職員(臨時又は非常勤の職員を除く。)とし、個人又は共同によるものとする。

(発案の時期)

第4条 発案しようとする職員(以下「発案者」という。)は、様式に記入し、随時、発案を提出できるものとする。

2 市長は、特に必要があると認めるときは、特定の課題について期間を定めて発案を募集することができる。

(発案の受理)

第5条 発案は、人事課において受理し、庁議に報告した後、宗像市創意発案審査会(以下「審査会」という。)に提出する。

2 市長は、提出された書類等は返却しない。

(審査会)

第6条 審査会の委員は、副市長及び各部長とする。ただし、市長が特に認める場合は、職員の中から市長が指名した者を委員とすることができる。

(平19訓令2・一部改正)

(発案の審査)

第7条 審査会は、実施可能性、実施効果、独創性、着想性及び研究努力の程度等を基準にして審査を行い、結果を市長に報告するものとする。

(発案の採否)

第8条 市長は、審査会の報告に基づき、採用又は不採用を決定し、発案者に通知するものとする。

(発案の実施)

第9条 市長は、採用した発案について、発案の全部又は一部が分担事務となる所属長に通知するものとする。

2 前項の通知を受けた所属長は、その実施について必要な措置を講じなければならない。

3 前項の規定により必要な措置を講じた所属長は、その実施状況を総務部長を経て、市長に報告しなければならない。

(発案の公表)

第10条 市長は、受理された発案のうち、公表する必要があるものについて、適当な方法により公表するものとする。

(褒賞)

第11条 市長は、採用した発案の発案者に対して、褒賞を授与する。ただし、不採用であっても秀抜な着想と認められるものに対しては、褒賞を与えることができる。

2 褒賞は、最優秀賞3万円、優秀賞1万円とする。

(権利の帰属)

第12条 受理された発案に関する権利は、すべて市に帰属する。

(発案の奨励)

第13条 所属長は、所属職員に対し、適時、発案の奨励に努めるとともに、指導助言を与えるものとする。

(雑則)

第14条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行前に宗像市職員の創意発案に関する規程(平成9年宗像市規程第5号)に基づき平成15年3月31日をもって廃された宗像市に帰属する発案に関する権利については、この訓令に基づき帰属した権利とみなす。

附 則(平成19年3月30日訓令第2号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

画像

宗像市職員の創意発案に関する規程

平成15年4月1日 訓令第12号

(平成19年4月1日施行)