○宗像市職員被服貸与規程

平成15年4月1日

訓令第16号

(趣旨)

第1条 この訓令は、職員に対する作業服等の被服の貸与に関し、必要な事項を定めるものとする。

(平19訓令3・一部改正)

(貸与)

第2条 被服の貸与を受ける職員、貸与する被服の種類及び数量並びに貸与期間は、別表に定めるところによる。ただし、貸与期間が実情にそぐわない場合においては、これを伸縮することができる。

(被服の着用)

第3条 被服の貸与を受けた職員(以下「被貸与者」という。)は、定められた職務に従事中貸与された被服(以下「貸与被服」という。)を着用しなければならない。

(所管課)

第4条 被服の調達及び貸与は、各所属所が所管するものとする。

(平19訓令3・一部改正)

(貸与被服の取扱い)

第5条 被貸与者は、貸与被服を愛護し、かつ、有効に使用するように努め、貸与被服を破損し、又は汚損したときは、これを補修し、又は洗浄しなければならない。ただし、薬品の使用等により被貸与者が洗浄することが適当でない場合は、この限りでない。

(平24訓令7・一部改正)

(貸与被服の破損、紛失等の場合の措置)

第6条 被貸与者は、貸与被服が貸与期間内に破損等により使用に耐えなくなったとき、又は貸与被服を紛失したときは、直ちに顛末書兼再貸与申請書(様式第1号)により所属長に届け出なければならない。

2 所管課長は、前項の届出があった場合において、やむを得ない事情があると認めたときは、再貸与することができる。

(貸与期間の延長)

第7条 被貸与者が、休職、長期休暇等により、長期間職務に従事しないときは、その実情に応じ、貸与被服の貸与期間を延長することがある。

(貸与被服の返納)

第8条 所属長は、被貸与者が退職、異動等により被服の貸与を要しないこととなったときは、直ちに貸与被服を返納させなければならない。ただし、当該被服が再使用できないと認められるものについては、返納を免除することができる。

2 所属長は、所属職員の貸与被服が貸与期間を経過したことにより貸与被服の更新が必要と認めるときは、これを更新することができる。

3 前項の規定により貸与被服の更新を行ったときは、旧貸与被服の返納は要しない。この場合における旧貸与被服がまだ使用に耐えるときは、洗浄時等の替着として有効に利用しなければならない。

(貸与台帳の整備)

第9条 所属長は、所属職員に被服を貸与したときは、被服貸与台帳(様式第2号)に必要事項を記載し、常に貸与の状況を明らかにしておかなければならない。

(平19訓令3・一部改正)

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

(経過規定)

2 この訓令の施行前に、宗像市職員被服貸与規程(平成11年宗像市規程第6号)に基づき貸与された被服は、この訓令に基づき貸与された被服とみなす。

附 則(平成19年5月28日訓令第3号)

この訓令は、平成19年6月1日から施行する。

附 則(平成24年5月8日訓令第7号)

この訓令は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

(平19訓令3・全改)

貸与を受ける職員

貸与する被服の種類及び数量

貸与期間

職務の遂行上、作業服等の必要な職員

作業服(上下)

夏用 2着

冬用 1着

ゴム長靴 1足

地下タビ又は安全靴 1足

防寒服 1着

2年

画像

(平19訓令3・旧様式第2号(その2)・一部改正)

画像

宗像市職員被服貸与規程

平成15年4月1日 訓令第16号

(平成24年5月8日施行)