○宗像市道路占用規則

平成15年4月1日

規則第122号

(趣旨)

第1条 この規則は、道路法(昭和27年法律第180号。以下「法」という。)、道路法施行令(昭和27年政令第479号)及び道路法施行規則(昭和27年建設省令第25号)に定めるもののほか、道路の占用に関し必要な事項を定めるものとする。

(占用許可の申請)

第2条 法第32条第2項の規定により道路を占用しようとする者は、道路占用許可申請書(様式第1号)を市長に提出してその許可を受けなければならない。

2 前項の申請書には、次に掲げる書類を添付しなければならない。ただし、軽易なものについては、その一部を省略することができる。

(1) 占用の位置を明示した付近の見取図

(2) 占用地の平面図、断面図及び実測求積図

(3) 工作物、物件又は施設(以下「占用物件」という。)の設計書、仕様書及び図面

(4) 法令等により他の行政機関の許可又は承認を必要とするものは、その許可書又は承諾書若しくはその写し

(5) 他人の所有地又は建造物に近接する場所を占用しようとする場合は、その関係者の承認書

(6) その他市長が必要と認める書類

3 市長は、道路管理上その他必要があると認めるときは、第1項の許可に条件を付することができる。

(占用許可の期間)

第3条 占用許可の期間は、次に掲げるところによる。

(1) 協定等による期間に特別に定めのあるものを除くほか、法第36条の規定による事業のための占用 10年以内

(2) 前号以外の占用 5年以内

(占用変更許可の申請)

第4条 占用の許可を受けた者(以下「占用者」という。)が法第32条第3項の規定による占用の変更をしようとするときは、道路占用変更許可申請書(様式第2号)を市長に提出し、市長の許可を受けなければならない。

2 前項の規定による変更の許可の申請については、第2条の規定を準用する。

(占用の継続)

第5条 占用者が占用期間満了後引き続き占用しようとするときは、その期間満了の日の1月前までに市長の許可を受けなければならない。

2 前項の許可申請については、第2条の規定を準用する。

(許可書等の交付)

第6条 市長は、第2条及び前条の規定による申請を許可をしたときは、道路占用許可書(様式第3号)を交付する。

2 市長は、第4条の規定による申請を許可したときは、道路占用変更許可書(様式第4号)を交付する。

(許可の取消し等)

第7条 占用者が次の各号のいずれかに該当する場合は、市長は占用の許可を取り消し、若しくは変更し、又は必要な措置を命ずることができる。

(1) 占用者が法令、条例及びこの規則その他条件に違反したとき。

(2) 道路管理上必要があるとき。

(3) 指定期限までに占用料を納付しないとき。

(4) その他市長において必要があると認めたとき。

(占用物件の維持管理)

第8条 占用者は、道路に設置した占用物件の維持管理を行い、その破損、汚損等により美観、交通その他道路の管理上支障のないように努めなければならない。

2 市長は、占用者が本市の区域内に住所若しくは居所を有しない場合又は市長が特に必要と認める場合には、道路の適正な占用を図るため、占用者に対し管理責任者を置くことを命ずることができる。

3 占用者は、前項の規定により管理責任者を置いたときは、管理責任者届(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

(届出)

第9条 占用者は、次の各号に掲げる事由に該当した場合は、遅滞なく当該各号に掲げる届出書を市長に提出しなければならない。

(1) 占用者が住所を移転し、又はその氏名(法人にあってはその名称)を変更したとき 道路占用者住所・氏名変更届(様式第6号)

(2) 相続又は法人の合併により占用者の地位を承継したとき 地位承継届(様式第7号)

(3) 占用期間を短縮し、又は占用を廃止しようとするとき 占用期間短縮・廃止届(様式第8号)

(工事の施行)

第10条 占用者は、次に掲げるところにより工事を施行しなければならない。

(1) 土砂又は工事用資材、器具等を占用許可区域外にたい積し、又は散乱させないこと。

(2) 消火栓、制水弁、各種人孔等を損傷し、又はその所在箇所を不明確にしないこと。

(3) 占用許可区域内においても許可の範囲を超える工事をしないこと。

(4) 道路に損傷を及ぼし、又は及ぼすおそれがあると認めるときは、直ちに市長に届け出てその指示を受け、必要な措置を講じること。

(5) その他必要に応じ指示した事項及び許可条件を守ること。

(掘削の方法)

第11条 占用者は、次に掲げるところにより道路を掘削しなければならない。

(1) 道路を横断して掘削するときは片側の掘削が終わり、これに交通を妨げない措置を講じた後に他側の掘削をすること。

(2) 掘削箇所には深さ又は地質に応じて適当な土留工を施し、周囲の路盤をゆるめないようにすること。

(3) 砂利道の掘削はまず路面の砂利を取り去り、埋め戻し用衣土20センチメートル程度を掘削した後に下層土に及ぶこと。

(4) 舗装道路の掘削は玄能、つるはし等を使用しないで、必ずコンクリートカッター又はのみの類で小部分ずつ施工し、周囲に損傷又は亀裂を及ぼしたときは、その部分も取り壊すこと。

(埋戻し及び路面復旧工事)

第12条 占用者は、別に定める基準により、路面復旧工事を施行しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する場合は、占用者と協議の上、市長が路面復旧工事を施行することができる。

(1) 掘削工事が競合して行われた場合等で統一して路面復旧工事を施行することが適当と認められるとき。

(2) 大規模な掘削工事で復旧工事に高度な技術を要するとき。

(3) その他市長が必要と認めたとき。

(路面復旧工事の検査)

第13条 市長は、占用者が施工する埋戻し及び路面復旧については、必要に応じて随時検査を行うとともに、路面復旧工事が完了したときは、完了検査を行うものとする。

2 占用者は、前項の規定に基づく検査に市長が必要と認めたときは、立ち会わなければならない。

(路面復旧工事に係る損傷の補修期間)

第14条 占用者は、埋戻し又は路面復旧工事を行った場合において、当該埋戻し又は路面復旧工事に起因する地盤沈下、破損等の損傷が生じたときは、その損傷を補修しなければならない。ただし、次に掲げる期間を経過した場合は、この限りではない。

(1) 舗装道路については、路面復旧工事の完了の検査の日から1年

(2) 未舗装道路及びその他の場合については、路面復旧工事の完了の検査の日から3年

2 前項の規定にかかわらず、同項各号に規定する期間において、当該埋戻し若しくは路面復旧に係る箇所について市長が道路に関する工事に着手したとき、又は他の占用者が工事に着手したときは、当該箇所に限り、同項各号に規定する期間は満了したものとみなす。

(掘削工事の禁止期間)

第15条 舗装新設後は、舗装工事を完了した日から次の各号に掲げる道路の区分に応じ、当該各号に定める期間、掘削工事を伴う占用を許可しない。ただし、緊急を要するとき、又は市長がやむを得ない理由があると認めるときは、この限りでない。

(1) 簡易舗装道路 1年

(2) その他の舗装道路 3年

(損害賠償等)

第16条 占用者及び管理責任者は、占用により本市又は第三者に損害を与えたとき、又は紛争が生じた場合は、その損害を賠償し、又は紛争を解決しなければならない。

(原状回復)

第17条 占用期間が満了し、又は占用の許可を取り消されたときは、占用者は速やかに占用物件を撤去し、原状に復さなければならない。

2 占用者が原状回復をしたときは、その旨を直ちに市長に届け出て検査を受け、その承認を受けなければならない。

3 占用者が、原状回復若しくは許可の条件を履行せず、又は履行しても不十分と市長が認めるときは、市においてこれを行い、又は第三者に執行させ、その費用を占用者から徴収する。

(権利の譲渡等の禁止)

第18条 占用者は、占用に関する権利を他の者に譲渡し、又は転貸することができない。

(雑則)

第19条 この規則に定めるもののほか、道路の占用に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行前に宗像市道路占用料徴収条例施行規則(昭和61年宗像市規則第12号。以下「旧宗像市規則」という。)の規定に基づきなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定に基づきなされた処分、手続その他の行為とみなす。

3 この規則の施行前に旧宗像市規則の規定に基づき許可した占用の期間その他の期間(以下「旧期間」という。)は、この規則の相当規定の期間に旧期間を通算する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

宗像市道路占用規則

平成15年4月1日 規則第122号

(平成15年4月1日施行)