○宗像市まちなみ景観形成規則

平成16年3月31日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、市内の優れた自然景観及び歴史と文化を生かしたまちなみ景観の保全、創造、活用に関して必要な事項を定めることにより、景観に配慮したまちづくりを促進することを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において「まちなみ景観」とは、自然景観や歴史的建造物などと調和したまちなみをいう。

(まちなみ景観整備促進区域の指定)

第3条 市長は、次の各号のいずれかに該当する1ヘクタール以上の面積を有する区域をまちなみ景観整備促進区域(以下「景観整備区域」という。)に指定することができる。

(1) 街なみ環境整備事業制度要綱(平成5年建設省住整発第27号。以下「制度要綱」という。)第4第1号又は第2号の規定に該当する区域

(2) まちなみ景観を有する区域のうち、市長が特にその景観を維持する必要があると認める区域

2 市長は、前項の景観整備区域を指定しようとするときは、関係機関及び当該区域内に居住する者の意見を聴くものとする。この場合において、市長が特に必要と認めるときは、当該区域以外に居住する者の意見を聴くことができる。

3 市長は、景観整備区域を指定したときは、その旨を告示するものとする。

4 前3項の規定は、景観整備区域の指定を変更する場合及び取り消す場合について準用する。

(まちづくり協定)

第4条 前条の景観整備区域内のうち、0.2ヘクタール以上の面積を有する区域において、当該区域のまちなみ景観の整備及び改善を図るため、当該景観整備区域の土地、建築物等の所有者又は管理者は、その3分の2以上の合意により、当事者間において、まちづくり協定を締結することができる。

2 前項のまちづくり協定は、制度要綱第9に定めるべき事項として規定されている事項について定めるものとする。

3 市長は、第1項で締結したまちづくり協定を審査し、適当と認めるときは、承認するものとする。

(公共施設の整備)

第5条 市長は、前条第3項の規定により承認されたまちづくり協定の区域(以下「景観形成区域」という。)において、道路、公園その他の公共施設の整備を行うときは、まちなみ景観に配慮するものとする。

(景観形成に対する指導及び助言)

第6条 市長は、景観形成区域において、第4条第1項のまちづくり協定を締結した者(以下「協定者」という。)が実施するまちなみ景観の形成を図るために行う修理等に対し、指導及び助言を行うことができる。

(景観形成に対する助成)

第7条 市長は、景観形成区域において、協定者が実施するまちなみ景観の形成を図るために行う修理等に対し、予算の範囲内で、当該修理等に要する費用の一部を助成することができる。

(雑則)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

宗像市まちなみ景観形成規則

平成16年3月31日 規則第3号

(平成16年4月1日施行)