○宗像市職員希望降任制度実施規程

平成16年3月31日

訓令第3号

本庁

出先機関

(趣旨)

第1条 この訓令は、本市の職員が病気その他の理由により、現に有する職務の遂行に支障を来し、職員自らの意思により降任を希望した場合に、これを尊重することにより、降任を希望する職員の健康の保持及び勤務意欲の向上を図り、もって人事の停滞を排除し、組織を活性化させることにより効率的な人事行政を確立するため、その取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。

(対象職員)

第2条 降任を希望することができる職員は、その申出の日において、宗像市一般職の職員の給与に関する条例(平成15年宗像市条例第42号)第5条第1項の給料表の適用を受ける者でその職務の級が4級以上のもの、宗像市渡船事業職員の給与の種類及び基準を定める条例施行規則(平成15年宗像市規則第30号)第2条の給料表の適用を受ける者でその職務の級が4級以上のもの及び宗像市単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例施行規則(平成17年宗像市規則第4号)第2条の給料表の適用を受ける者でその職務の級が4級のものとする。

(平18訓令4・一部改正)

(希望の申出)

第3条 降任を希望する職員は、降任希望申出書(様式第1号)により毎年度12月31日までに所属長を経由し、任命権者に提出するものとする。ただし、任命権者が特に認めた場合は、申出の期限以外においても降任希望申出書を提出することができるものとする。

(申出の承認)

第4条 任命権者は、前条の降任希望申出書の提出があったときは、その承認並びに降任及び降任後の職務の適否について市長と協議し、その結果を降任承認(不承認)通知書(様式第2号)により当該職員に対して通知するものとする。

2 任命権者は、前項の規定による承認並びに降任及び降任後の職務の適否の決定に当たっては、当該職員の希望を尊重し、決定するものとする。

(降任の効果)

第5条 任命権者は、降任の希望を承認したときは、原則として承認の日以後の最初の人事異動の時をもって、当該職員の職務にあっては1級下位の職務に任命し、職務の級にあってはその職務の区分に応じて下位の職務の級に変更するものとする。

2 前項の場合において、降任の日における当該職員の号給は、宗像市一般職の初任給、昇格、昇給等の基準に関する規則(平成15年宗像市規則第29号)第23条の2の規定に基づき定めるものとする。

(平18訓令4・平21訓令5・一部改正)

(補則)

第6条 この訓令の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日訓令第4号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月31日訓令第5号)

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

画像

画像

宗像市職員希望降任制度実施規程

平成16年3月31日 訓令第3号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第2章 分限・懲戒
沿革情報
平成16年3月31日 訓令第3号
平成18年3月31日 訓令第4号
平成21年3月31日 訓令第5号