○宗像市建築行為届出要綱

平成16年3月31日

告示第24号

(目的)

第1条 この告示は、市内の都市計画区域以外の区域(都市計画法(昭和43年法律第100号)第5条の規定により指定された都市計画区域及び同法第5条の2の規定により指定された準都市計画区域以外の区域をいう。以下同じ。)における建築行為について、事前に建築計画書を市長に届け出ることにより、当該建築行為に係る道路、給排水施設等に関する市との協議を円滑に行い、もって市民が安全かつ快適に暮らせるための秩序ある都市づくりを行うことを目的とする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 建築主等 建築主、設計者、工事施工者及び工事監理者をいう。

(2) 建築行為 建築基準法(昭和25年法律第201号。以下「法」という。)第6条第1項の規定に基づく確認の申請を必要とする行為をいう。

(3) 建築計画書 法第6条第1項の規定に基づく確認を申請するときに提出する申請書及び添付図書の写しをいう。ただし、添付図書については、付近見取図、配置図(給排水の経路を記入したもの)及び各階平面図とする。

(建築行為の届出)

第3条 建築主等は、法第6条第1項に規定される建築物の建築等に関する確認申請の書類を建築主事に提出する前に、建築行為の建築計画書を市長に届け出るよう努めるものとする。

(建築主等への指導及び助言)

第4条 建築主等が建築計画書を市長に届け出た後、当該建築計画等について改良すべき事項があるときは、市長は、建築主等へ指導及び助言を行うことができる。

2 建築主等は、前項の規定による指導及び助言を受けたときは、当該建築計画等を改良するよう努めるものとする。

(雑則)

第5条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、法第6条第1項第4号の規定による福岡県知事の指定のあった日から施行する。

宗像市建築行為届出要綱

平成16年3月31日 告示第24号

(平成16年3月31日施行)

体系情報
第10編 設/第4章
沿革情報
平成16年3月31日 告示第24号