○宗像市法定外公共物管理条例施行規則

平成17年3月25日

規則第28号

(趣旨)

第1条 この規則は、宗像市法定外公共物管理条例(平成17年宗像市条例第25号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(占用等許可申請)

第2条 条例第4条第1項の規定による許可を受けようとする者は、宗像市法定外公共物占用等許可申請書(様式第1号)に必要な書類を添えて、市長に申請しなければならない。

2 市長は、前項の申請があったときは、その内容を審査し、当該申請に係る事項について許可したときは、申請者に対し、宗像市法定外公共物占用等許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(許可の変更)

第3条 条例第4条第1項の規定による許可を受けた事項について変更の許可を受けようとする者は、宗像市法定外公共物占用等許可変更申請書(様式第3号)に必要な書類を添えて、市長に申請しなければならない。

2 市長は、前項の申請があったときは、その内容を審査し、当該申請に係る事項について許可したときは、申請者に対し、宗像市法定外公共物占用等変更許可書(様式第4号)を交付するものとする。

(継続許可申請手続)

第4条 条例第4条第1項第1号又は第4号に係る占用等の許可を受けた者が、当該許可期間満了後引き続き当該許可に係る占用を継続するときは、許可期間満了の日から30日前までに、宗像市法定外公共物占用等許可変更申請書に必要な書類書を添えて、市長に申請しなければならない。

(権利義務の移転及び承継)

第5条 条例第6条第2項に規定する届出は、地位承継届出(様式第5号)により行うものとする。

(原状回復の届出)

第6条 条例第10条の届出は、当該法定外公共物の占用期間終了の日から15日以内に宗像市法定外公共物原状回復完了届(様式第6号)を提出することにより行うものとする。

2 市長は、前項の届出があったときは、原状回復の状況等について検査を行うものとする。

(占用料の納付方法)

第7条 占用料は、納入通知書により指定された期日までに納付しなければならない。

(境界確定の書面)

第8条 条例第18条第2項の書面は、次の事項を記載した宗像市法定外公共物境界確定協議書(様式第7号)とする。

(1) 境界を確定した公共物及び隣接地の所在

(2) 隣接地所有者の住所及び氏名又は名称

(3) 立会日及び協議が整った日

(4) その他参考となるべき事項

(立入検査の身分証明書)

第9条 条例第19条第3項に規定する立入検査をする職員の身分を示す証明書の様式は、様式第8号のとおりとする。

(雑則)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

宗像市法定外公共物管理条例施行規則

平成17年3月25日 規則第28号

(平成17年4月1日施行)