○宗像市指名業者調査員設置要綱

平成17年3月31日

告示第56号

(趣旨)

第1条 この告示は、宗像市期限付職員に関する規程(平成21年宗像市訓令第2号)に定めるもののほか、指名業者調査員に関し必要な事項を定めるものとする。

(平21告示43・一部改正)

(設置)

第2条 競争入札参加有資格者(以下「有資格業者」という。)の実態調査を行うため、指名業者調査員(以下「調査員」という。)を置く。

(職務)

第3条 調査員の職務は、競争入札の円滑な推進を図るために必要な有資格業者に関する調査及びこれに付随する契約に関することを行うものとする。

(定数等)

第4条 調査員の定数は、2人とし、市長が任命する。

2 調査員の任期は、任命の日から当該任命の日が属する年度の3月31日までとする。

3 前項の規定にかかわらず、市長が特に必要と認めたときは、任期中においても調査員を解任することができる。

(身分証明書の携帯等)

第5条 調査員が有資格業者に対し、質問又は調査をする場合は、その身分を示す証明書を常に携帯し、関係人から請求があったときは、これを提示しなければならない。

(守秘義務)

第6条 調査員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(雑則)

第7条 この告示に定めるもののほか、調査員に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月6日告示第43号)

この告示は、平成21年4月1日から施行する。

宗像市指名業者調査員設置要綱

平成17年3月31日 告示第56号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第4章
沿革情報
平成17年3月31日 告示第56号
平成21年3月6日 告示第43号