○宗像市人権啓発指導員設置要綱

平成17年3月31日

告示第57号

(趣旨)

第1条 この告示は、宗像市期限付職員に関する規程(平成21年宗像市訓令第2号)に定めるもののほか、人権啓発指導員に関し必要な事項を定めるものとする。

(平21告示43・一部改正)

(設置)

第2条 人権啓発を推進するため、人権啓発指導員(以下「指導員」という。)を置く。

(職務)

第3条 指導員の職務は、次のとおりとする。

(1) 市民、団体等に対する人権啓発に関すること。

(2) 人権相談及び人権擁護に関すること。

(3) その他市長が必要と認めた事項に関すること。

(定数等)

第4条 指導員の定数は、1人とし、市長が任命する。

2 指導員の任期は、任命の日から当該任命の日が属する年度の3月31日までとする。

3 前項の規定にかかわらず、市長が特に必要と認めたときは、任期中においても指導員を解任することができる。

(守秘義務)

第5条 指導員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(雑則)

第6条 この告示に定めるもののほか、指導員に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

この告示は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月6日告示第43号)

この告示は、平成21年4月1日から施行する。

宗像市人権啓発指導員設置要綱

平成17年3月31日 告示第57号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第6節 人権対策
沿革情報
平成17年3月31日 告示第57号
平成21年3月6日 告示第43号