○宗像市人づくり・まちづくり研究所設置要綱

平成17年5月20日

告示第88号

(趣旨)

第1条 この告示は、市政に関する政策、施策その他必要な事項について、調査研究を行うことを目的として設置する宗像市人づくり・まちづくり研究所(以下「研究所」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(平18告示155・一部改正)

(所掌事務)

第2条 研究所は、政策及び施策に関する事項について調査研究する。

(組織)

第3条 研究所は、所長、副所長、事務局長及び研究員をもって組織する。

2 所長は、研究員の職務を支援するため、必要に応じ、客員研究員及びアドバイザーを置くことができる。

(平18告示155・平19告示32・一部改正)

(所長、副所長及び事務局長)

第4条 所長にあっては副市長を、副所長にあっては都市戦略室長を、事務局長にあっては秘書政策課長をもって充てる。

2 所長は、研究所の調査研究に関する活動を掌理し、研究所を代表する。

3 副所長は、所長の命を受け、研究所の事務及び調査研究に関する活動を掌理し、及び研究員を指揮監督し、所長に事故あるとき、又は欠けたときは、その職務を代理する。

4 事務局長は、所長の命を受け、研究所の活動事項について必要な調整及び指導助言を行う。

(平18告示155・平19告示28・平19告示32・平24告示324・一部改正)

(研究員)

第5条 研究員は、次に掲げる者のうちから市長が委嘱し、又は任命する。

(1) 知識経験を有する者

(2) 関係行政機関の職員

(3) 市の職員

(平18告示155・一部改正)

(特別専門研究員)

第6条 特別専門研究員は、所長の命を受け、研究員の調査研究に関する活動について必要な指導及び助言を行い、当該活動を支援する。

(平18告示155・一部改正)

(研究員の任期)

第7条 研究員の任期は、市長が別に定める。

(会議)

第8条 研究所の会議は、必要に応じ、所長が招集する。

(情報の提供)

第9条 研究所の研究成果等は、広く市民等に提供するものとする。

(秘密保持義務)

第10条 研究員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(庶務)

第11条 研究所の庶務は、都市戦略室秘書政策課において処理する。

(平24告示324・一部改正)

(雑則)

第12条 この告示に定めるもののほか、研究所の運営に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成17年5月20日から施行する。

附 則(平成18年9月12日告示第155号)

この告示は、平成18年5月22日から適用する。

附 則(平成19年3月30日告示第28号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日告示第32号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年12月28日告示第324号)

この告示は、平成25年4月1日から施行する。

宗像市人づくり・まちづくり研究所設置要綱

平成17年5月20日 告示第88号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第1節 事務分掌
沿革情報
平成17年5月20日 告示第88号
平成18年9月12日 告示第155号
平成19年3月30日 告示第28号
平成19年3月30日 告示第32号
平成24年12月28日 告示第324号