○宗像市職員人事考課実施規程

平成18年3月31日

訓令第7号

本庁

出先機関

(趣旨)

第1条 この訓令は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第40条第1項の規定に基づき、人事考課の実施及びその結果に応じた措置に関し、必要な事項を定めるものとする。

(人事考課の目的)

第2条 人事考課は、職員に割り当てられた職務と責任を遂行した実績(以下「業績考課」という。)並びに執務に関連して見られた職員の職務遂行能力及びその行動(以下「能力考課」という。)についての考課を統一的に行い、これを本市における人材の育成及び職員の能力の開発に活用し、公正な人事行政に資することを目的とする。

(平21訓令5・一部改正)

(人事考課の基本原則)

第3条 人事考課は、職員に割り当てられた職務と責任を遂行した実績並びに執務に関連して見られた職員の職務遂行能力及びその行動について厳正かつ客観的に考課しなければならない。

(平21訓令5・一部改正)

(人事考課の実施の除外)

第4条 人事考課は、次に掲げる職員については実施しないことができる。

(1) 非常勤の嘱託員

(2) 期限付職員

(3) その他任命権者が定める職員

(平21訓令2・平21訓令5・一部改正)

(人事考課の種類)

第5条 人事考課は、定期考課及び特別考課とする。

(定期考課)

第6条 定期考課とは、毎年2回、一定の日に実施する人事考課をいう。

2 定期考課は、前期考課及び後期考課とし、業績考課及び能力考課についての考課を行うものとする。

(平21訓令5・一部改正)

(評語の付与)

第6条の2 前条の定期考課における業績考課に当たっては目標を定めることにより示された事項ごとに、能力考課に当たっては考課項目ごとに、個別評語(それぞれの結果を表示する記号をいう。以下同じ。)を付すほか、全体評語(当該業績考課及び能力考課の結果を総括的に表示する記号をいう。以下同じ。)を付するものとする。

2 個別評語及び全体評語は、5段階とする。

(平21訓令5・追加)

(特別考課)

第7条 特別考課とは、任命権者が必要と認めた場合に実施する人事考課をいう。

2 第6条の2第1項及び第2項の規定は、前項の特別考課について準用する。

(平21訓令5・一部改正)

(考課基準日)

第8条 定期考課の考課基準日は、前期考課にあっては毎年度10月1日、後期考課にあって毎年度4月1日とする。

2 特別考課の考課基準日は、任命権者が指定する日とする。

(考課期間)

第9条 定期考課の考課期間は、前条第1項の考課基準日前6箇月間とする。

2 特別考課の考課期間は、任命権者が指定する期間とする。

(平21訓令5・一部改正)

(考課の手続)

第10条 人事考課の手続は、面接、考課、調整(再調整を含む。)及び決定とする。

2 面接は、目標設定面接及び考課面接とし、任命権者が職員の監督者の中から面接者として指定した者が行うものとする。

3 考課は、任命権者が職員の管理者又は監督者の中から考課者として指定した者が行うものとする。

4 調整は、任命権者が職員の管理者の中から調整者として指定した者が考課者の行った考課について不均衡があると認める場合に行うものとする。

5 決定は、任命権者が第3項の考課及び前項の調整について審査し、適当と認める場合に行うものとし、第6条の2に定める個別評語及び全体評語を付して決定するものとする。

6 再調整は、任命権者が第4項の調整について審査し、適当と認めない場合に、調整者に行わせるものとする。

(平21訓令5・一部改正)

(面接者及び考課者の責務)

第11条 面接者及び考課者は、常に職員を観察し、その能力及び意欲を向上させるよう指導及び育成しなければならない。

2 面接者及び考課者は、前項の規定による観察の結果並びに同項の規定による指導及び育成の結果を随時、指導観察記録票に記録しなければならない。

(記録)

第12条 人事考課の記録は、人事考課記録書(以下「記録書」という。)として作成しなければならない。

2 前項の記録書は、職員ごとに作成しなければならない。

3 第1項の記録書の作成に関して必要な様式は、別に定める。

(記録書の修正)

第13条 記録書は、第10条第5項の決定が行われた後は、事務上の誤りがあった場合を除き、その修正をしてはならない。ただし、第15条の2の規定による不服申立ての審査の結果執るべき措置として修正するときは、この限りでない。

(平18訓令10・一部改正)

(人事考課の結果の活用)

第14条 任命権者は、第10条第5項の規定により決定した人事考課の結果(以下「考課結果」という。)に応じた措置を講ずるに当たり、当該結果の良好な職員にあってはこれを優遇して他の職員の志気を高めるように努め、当該結果の不良な職員にあっては執務上の指導、研修の実施及び職務の割当ての変更等を行い、又は配置換えその他適当と認める措置を講ずるように努めなければならない。

(考課結果の取扱い)

第15条 考課結果は、任命権者が人事管理上支障がないと認めた範囲において、本人の申出に基づき公開することができる。

(不服申立て)

第15条の2 第10条第5項に規定する人事考課の決定を受けた職員は、第17条第1項第1号の宗像市人事考課制度審査委員会に対し不服申立てをすることができる。

2 前項に規定する不服申立ては、決定があったことを知った日の翌日から起算して60日以内にしなければならず、決定があったことを知った日の翌日から起算して1年を経過したときは、することができない。

3 不服申立ての手続及び審査の結果執るべき措置に関し必要な事項は、別に定める。

(平18訓令10・追加)

(併任職員に係る人事考課の特例)

第16条 任命権者は、併任されている職員の併任官職に係る人事考課は、行わないことができる。

(人事考課制度審査委員会等の設置)

第17条 第2条に定める目的を達成するため、本市に次の委員会を設置する。

(1) 宗像市人事考課制度審査委員会

(2) 宗像市人事考課制度庁内調整委員会

(3) 宗像市人事考課制度考課結果活用方針策定委員会

(4) 宗像市人事考課制度難易度調整委員会

2 前項の委員会に関し必要な事項は、別に定める。

(平18訓令10・一部改正)

(雑則)

第18条 この訓令に定めるもののほか、人事考課の実施に関し必要な事項は、任命権者が別に定める。

附 則

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年9月29日訓令第10号)

この訓令は、平成18年10月1日から施行する。

附 則(平成21年3月6日訓令第2号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月31日訓令第5号)

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

宗像市職員人事考課実施規程

平成18年3月31日 訓令第7号

(平成21年4月1日施行)