○宗像市障害者自動車運転免許取得助成事業実施要綱

平成19年3月30日

告示第39号

(趣旨)

第1条 この告示は、障害者の社会活動への参加を促進するため、障害者の自動車運転免許(道路交通法(昭和35年法律第105号)第84条第3項に規定する第一種免許のうち、普通自動車免許に限る。以下「免許」という。)の取得に要する費用の一部を助成する宗像市障害者自動車運転免許取得助成事業(以下「事業」という。)の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(平22告示58・一部改正)

(対象者)

第2条 事業の対象者は、市内に住所を有し、本人又は扶養義務者等の前年の所得金額(各種所得控除後の額)が、特別障害者手当の所得制限限度額を超えない者で、道路交通法第96条第1項の規定による運転免許試験の受験資格を有し、かつ、就労等社会活動への参加のため免許を取得しようとするものであって、次の各号のいずれかに該当するものとする。ただし、過去に免許証の交付を受け、自己の責任において当該免許証を失効させた者及び道路交通法に違反したために当該免許証の取消処分を受けた者については、この事業の対象としない。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条の規定による身体障害者手帳の交付を受けている者であって、その障害の程度が1級から4級までの者

(2) 療育手帳制度要綱(昭和48年厚生省発児第156号)に定める療育手帳の交付を受けている者

(平22告示58・一部改正)

(助成金の額)

第3条 助成金の額は、免許の取得に要した費用(入所料、教材費、適正検査料、教習料、検定料、仮免許申請料その他必要な経費をいう。)とする。ただし、1人当たり10万円を限度とする。

(申請)

第4条 事業を利用しようとする者は、免許の取得前又は取得後6月以内に障害者自動車運転免許取得助成事業申請書に身体障害者手帳又は療育手帳の写しを添えて、市長に申請しなければならない。

(決定等)

第5条 市長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査の上、支給の可否を決定し、障害者自動車運転免許取得費助成決定(却下)通知書により通知する。

(変更及び取下)

第6条 前条の規定により支給決定を受けた者(以下「支給決定者」という。)が、申請の内容を変更し、又は取下げをする場合は障害者自動車運転免許取得費助成変更(取下)届出書により市長に届け出るものとする。

(請求)

第7条 支給決定者は、免許取得後、速やかに障害者自動車運転免許取得費助成請求書に免許証の写し及び免許の取得に要した費用を証する書類を添えて市長に請求するものとする。

(助成金の交付)

第8条 市長は、前条の規定による請求があったときは、その内容を審査の上、適当と認めるときは、速やかに助成金を交付する。

(助成金の返還)

第9条 市長は、支給決定者が偽りその他不正な手段により助成金の交付を受けたと認めるときは、助成金の全部又は一部を返還させることができる。

(台帳)

第10条 市長は、決定者に係る障害者自動車運転免許取得費助成受給者台帳を整備するものとする。

(雑則)

第11条 この告示に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成18年10月1日から適用する。

附 則(平成22年3月12日告示第58号)

この告示は、平成22年4月1日から施行する。

宗像市障害者自動車運転免許取得助成事業実施要綱

平成19年3月30日 告示第39号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第5節 障害者福祉
沿革情報
平成19年3月30日 告示第39号
平成22年3月12日 告示第58号