○宗像市障害者等地域生活支援事業における利用者負担等に関する要綱

平成19年3月30日

告示第49号

(趣旨)

第1条 この告示は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号。以下「法」という。)第77条の規定に基づき実施する宗像市障害者等地域生活支援事業のうち、次条に掲げる事業を利用した場合に負担する利用者負担額等に関し、必要な事項を定めるものとする。

(平25告示130・一部改正)

(利用者負担額)

第2条 宗像市障害者等地域生活支援事業のうち、次に掲げる事業を利用した者は、次の各号に掲げる事業の区分に応じ、当該各号に定める額を利用者負担額として負担するものとする。

(1) 宗像市障害者等移動支援事業 当該事業の実施に要した費用の1割に相当する額

(2) 宗像市地域活動支援センターⅡ型事業 宗像市障害者等地域活動支援センター事業実施要綱(平成19年宗像市告示第48号)別表に定める額により算定される事業の実施に要した費用の1割に相当する額

(3) 宗像市障害者等日中一時支援事業 宗像市障害者等日中一時支援事業実施要綱(平成19年宗像市告示第42号)第9条の規定により算出される事業の実施に要した費用の1割に相当する額

(4) 宗像市障害者等訪問入浴サービス事業 当該事業の実施に要した費用の1割に相当する額

(5) 宗像市障害者等生活サポート事業 当該事業の実施に要した費用の1割に相当する額

(平19告示55・平25告示130・一部改正)

(利用者負担上限月額)

第3条 前条各号に定める事業を利用した者は、同一の月の利用に係る当該各号の規定によりそれぞれ算定した額を合算した額(以下「合計額」という。)を当該月分の利用者負担額として負担するものとする。この場合において、合計額が障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行令(平成18年政令第10号)第17条第1項各号に定める世帯の区分に応じた額を超えるときは、当該各号に定める額を当該月分の利用者負担額として負担するものとする。

(平22告示75・全改、平25告示130・一部改正)

(雑則)

第4条 この告示に定めるもののほか利用者負担額等に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成18年10月1日から適用する。

附 則(平成19年3月30日告示第55号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月31日告示第75号)

この告示は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月28日告示第130号)

この告示は、平成25年4月1日から施行する。

宗像市障害者等地域生活支援事業における利用者負担等に関する要綱

平成19年3月30日 告示第49号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第5節 障害者福祉
沿革情報
平成19年3月30日 告示第49号
平成19年3月30日 告示第55号
平成22年3月31日 告示第75号
平成25年3月28日 告示第130号