○宗像市政治倫理条例施行規則

平成20年3月31日

規則第16号

(趣旨)

第1条 この規則は、宗像市政治倫理条例(平成19年宗像市条例第32号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(宣誓書)

第2条 条例第3条第1項の宣誓書(市長に提出する場合に限る。)は、宣誓書(様式第1号)とする。

(調査の請求)

第3条 条例第5条第1項の調査請求書(市長に請求する場合に限る。)は、調査請求書(様式第2号(その1))とする。

2 前項の調査請求書には、条例第5条第1項の規定による請求(以下「調査請求」という。)をしようとする市民又は議員及びその代表者が署名及び押印をしなければならない。

3 調査請求は、第1項の調査請求書に条例第5条第1項に定める署名をした様式第2号(その2)を添えてしなければならない。

(調査請求書の受理後の手続)

第4条 市長は、条例第5条第1項の規定により、市民から調査請求書の提出があったときは、直ちに選挙管理委員会に対し、調査請求をした市民及びその代表者が選挙人名簿に登録された者であるかどうかの確認を求めるものとする。

2 市長は、調査請求が次の各号のいずれかに該当するときは、当該調査請求を却下するものとする。

(1) 調査請求書に、市民にあっては50人、議員にあっては4人以上の者の連署がないとき。

(2) その内容が調査請求をすることができない対象事項についてしたものであるとき。

(3) 調査請求書の記載事項又は調査請求書の添付資料に不備があるとき。

3 調査請求が前項各号のいずれかに該当する場合において、補正することができるものであるときは、市長は、調査請求をした市民又は議員の代表者に対し、相当の期間を定めて、その補正を求めることができる。

4 市長は、第2項の規定による却下の決定をしたときは、その旨を調査請求をした市民又は議員の代表者に書面により通知しなければならない。

(議長からの調査の請求に係る調査等)

第5条 市長は、条例第5条第3項の規定により議長から調査請求書等の写しの送付を受けたときは、遅滞なく、審査会に調査を求めなければならない。

2 市長は、条例第6条第1項の規定により審査会から提出された調査報告書が議員に係るものであるときは、その写しを速やかに議長に送付しなければならない。

(説明会)

第6条 条例第9条第2項の規定による請求の手続は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第74条の2の規定の例による。この場合において、説明会の開催を請求しようとする者は、様式第3号(その1)により、同項に定める署名を様式第3号(その2)を添えて、請求しなければならない。

2 市長は、条例第9条第1項の規定により、説明会を開催するときは、開催の日時及び場所その他必要な事項について、説明会を開催する日の7日前までに告示しなければならない。

3 市長は、条例第9条第2項の規定による請求を受けて説明会を開催するときは、開催請求代表者に開催日時及び場所その他必要な事項を通知しなければならない。

4 説明会の開催を求められた者は、説明会に代理人を出席させ、又は補佐人を付けることはできない。

(辞退届)

第7条 条例第11条第2項の辞退届は、辞退届(様式第4号)とする。

(公表)

第8条 条例第3条第2項第6条第1項第7条第2項及び第11条第4項の規定による公表は、市の広報紙又はホームページへ掲載することにより行うものとする。

(雑則)

第9条 この規則に定めるもののほか、条例の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

宗像市政治倫理条例施行規則

平成20年3月31日 規則第16号

(平成20年4月1日施行)