○宗像市障害児通所支援事業所条例

平成27年3月31日

条例第21号

(設置)

第1条 心身に障害のある児童及び発達に支援の必要な児童に対して、日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練等を行うことにより、児童福祉の増進を図るため、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第6条の2の2第1項に基づく障害児通所支援事業を実施する宗像市障害児通所支援事業所(以下「事業所」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 事業所の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

宗像市障害児通所支援事業所

宗像市久原

(事業)

第3条 事業所は、次に掲げる事業を行う。

(1) 法第6条の2の2第2項に規定する児童発達支援に関すること。

(2) 法第6条の2の2第4項に規定する放課後等デイサービスに関すること。

(3) 前2項に掲げるもののほか、事業所の設置の目的の達成に必要なこと。

(利用者)

第4条 事業所を利用することができる者は、次のとおりとする。

(1) 法第21条の5の7第1項の規定に基づき障害児通所給付費(前条第1号及び第2号に掲げる事業に係るものに限る。)の支給の決定を受けた障害児及びその保護者

(2) 法第21条の6の規定による措置(前条第1号及び第2号に掲げる事業に係るものに限る。)に係る障害児

(3) その他市長が認めた者

(利用の制限)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、事業所の利用を制限することができる。

(1) 利用定員に達しているとき。

(2) 感染性の疾病(当該疾病のまん延により利用者の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあるものに限る。)にかかった者が利用しようとするとき。

(3) その他事業所の管理運営上支障があるとき。

(定員)

第6条 事業所の利用定員は、次のとおりとする。

(1) 児童発達支援事業の定員は、5人とする。

(2) 放課後等デイサービス事業の定員は、20人とする。

(職員)

第7条 事業所に管理者その他必要な職員を置く。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成27年7月1日から施行する。

宗像市障害児通所支援事業所条例

平成27年3月31日 条例第21号

(平成27年7月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第5節 障害者福祉
沿革情報
平成27年3月31日 条例第21号