○宗像市社会福祉協議会運営費補助金交付要綱

平成28年3月31日

告示第115号

(趣旨)

第1条 この告示は、社会福祉法人宗像市社会福祉協議会(以下「協議会」という。)が実施する事業の安定的な運営及び充実を図り、もって地域福祉の向上に資することを目的として、協議会の運営に要する経費の一部について予算の範囲内において補助する宗像市社会福祉協議会運営費補助金(以下「補助金」という。)に関し、宗像市補助金等交付規則(平成15年宗像市規則第31号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象経費等)

第2条 補助金の交付の対象となる経費は、別表のとおりとする。ただし、他の補助金の交付決定若しくは交付を受け、又は受けようとしている経費については、補助対象経費から除くものとする。

(補助金の交付申請)

第3条 協議会は、補助金の交付を受けようとするときは、宗像市社会福祉協議会運営費補助金交付申請書に事業計画書及び収支予算書を添えて、市長に提出しなければならない。

(補助金の交付決定)

第4条 市長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査し、補助金の交付の可否を決定し、宗像市社会福祉協議会運営費補助金交付決定通知書により通知するものとする。

(変更の承認)

第5条 協議会は、交付の決定を受けた事業計画の内容を変更しようとするときは、宗像市社会福祉協議会運営費補助金変更交付申請書を市長に提出し、その承認を受けなければならない。

(実績報告)

第6条 協議会は、補助事業が完了したときは、宗像市社会福祉協議会運営費補助金実績報告書に事業報告書及び決算書を添えて、市長に報告しなければならない。

(補助金の額の確定)

第7条 市長は、前条の実績報告がなされたときは、その内容を審査し、補助金の交付決定の内容及びこれに付した条件に適合すると認めたときは、交付すべき補助金の額を確定し、宗像市社会福祉協議会運営費補助金額確定通知書により通知するものとする。

(交付決定の取消し)

第8条 市長は、協議会が偽りその他不正の手段により補助金の交付の決定を受けたと認められるときは、補助金の交付の決定の全部又は一部を取り消すことができる。

2 市長は、前項の規定により補助金の交付決定を取り消したときは、宗像市社会福祉協議会運営費補助金交付決定取消通知書により通知するものとする。

(補助金の返還)

第9条 市長は、前条第1項の規定により補助金の交付の決定を取り消した場合において、当該取消しに係る部分に関し、既に補助金が交付されているときは、期限を決めてその返還を命じるものとする。

(雑則)

第10条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

区分

補助対象経費

法人運営費

1 役員報酬(会長報酬、理事等報酬、評議員報酬、監事報酬)

2 人件費(職員給与、職員手当、常勤嘱託職員給与、非常勤職員給与、法定福利費、退職共済掛金)

3 事務費(福利厚生費、消耗品費、車両費、業務委託料、損害保険料、賃借料)

福祉教育事業

福祉教育事業に要する経費

心配ごと相談事業

心配ごと相談事業に要する経費

福祉事業助成事業

福祉事業助成事業に要する経費

宗像市社会福祉協議会運営費補助金交付要綱

平成28年3月31日 告示第115号

(平成28年4月1日施行)