○宗像市市章使用承認事務取扱要綱

平成29年1月20日

告示第20号

(趣旨)

第1条 この告示は、宗像市市章(平成15年4月1日制定。以下「市章」という。)を市の機関(市長、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会、公営企業管理者及び議会をいう。以下同じ。)以外の者に適正に使用させるため、市章の使用を承認することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(承認の原則)

第2条 市の機関以外の者における市章の使用(以下単に「市章の使用」という。)は、市章を使用する事業に係る内容(以下「当該事業内容」という。)に公共性及び公益性があり、かつ、市の品位を損なうことがないものについて承認するものとする。

(使用承認基準)

第3条 市章の使用は、当該事業内容が次の各号のすべてに該当すると認められる場合に限り承認するものとする。ただし、市長が特に認める場合は、この限りではない。

(1) 法令又は市の例規(条例、規則、規程及び要綱をいう。)に反していないこと。

(2) 公序良俗に反していないこと。

(3) 市の信用又は品位を損なうものでないこと。

(4) 特定の政治、思想又は宗教に係る活動でないこと。

(5) 営利を主たる目的とするものでないこと。

(6) 市の機関の事業と混同されるおそれのないこと。

(使用申請)

第4条 市章を使用しようとする者は、宗像市市章使用承認申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(使用承認等)

第5条 市長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査し、承認の可否を決定し、宗像市市章使用承認通知書(様式第2号)又は宗像市市章使用不承認通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(承認事項の変更)

第6条 前条の規定により使用承認を受けた者(以下「使用者」という。)は、承認を受けた事項等を変更しようとするときは、速やかに宗像市市章使用変更承認申請書(様式第4号)に変更しようとする内容を記載した書類を添えて、市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書を受理したときは、その内容を審査し、宗像市市章使用変更承認通知書(様式第5号)又は宗像市市章使用変更不承認通知書(様式第6号)により申請者に通知するものとする。

(承認の取消し)

第7条 市長は、使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、使用承認を取り消すことができる。

(1) 虚偽の申請により承認を受けた場合

(2) 市の付した条件に違反した場合

(3) その他市章の使用にふさわしくないと認められる場合

2 市長は、前項の規定により使用承認を取り消した場合は、理由を付して宗像市市章使用承認取消通知書(様式第7号)により使用者に通知するものとする。

3 第1項の規定により使用承認を取り消された者は、直ちに市章の使用を中止するとともに、既に市章を使用した製作物の回収に努めなければならない。

4 第1項の規定により使用承認を取り消された場合において、使用者に損害が生じても、市はその損害の責めを負わないものとする。

(使用期間)

第8条 市章の使用期間は、宗像市市章使用承認通知書(様式第2号)に記載された期間とする。

(使用料)

第9条 市章の使用に係る費用は、無料とする。

(事故等の処理)

第10条 市章を使用した製作物に関する事故又は苦情が発生した場合は、市長へ直ちに報告するとともに、使用者がその責任のもとに必要な措置を講じるものとする。

(庶務)

第11条 市章の使用に関する庶務は、経営企画部経営企画課において処理する。

(その他)

第12条 この告示に定めるもののほか、市章の使用について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公示の日から施行し、平成29年1月1日より適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

宗像市市章使用承認事務取扱要綱

平成29年1月20日 告示第20号

(平成29年1月20日施行)