○佐賀市議会公印規程

平成17年10月31日

議会規程第4号

(趣旨)

第1条 佐賀市議会の公印の管理及び使用については、別に定めのあるものを除くほか、この規程の定めるところによる。

(公印の定義)

第2条 この規程において「公印」とは、公文書に使用する市議会印及び職印をいう。

(公印の形式等)

第3条 公印の名称、寸法、書体、使用する文書の区分及び個数は、別表のとおりとする。

(公印の管理)

第4条 公印の管理者は、公印に関する事務を総括するものとし、課長をもってこれに充てる。

2 管理者は、公印を厳重に取り扱い、不正使用のないよう適正に管理しなければならない。

(平24議会規程1・一部改正)

(公印の登録)

第5条 公印を登録し、必要な事項を整理するため公印台帳(様式第1号)を備えるものとする。

(公印の調製、改刻及び廃棄)

第6条 公印の調製、改刻及び廃棄については、議長の決裁を受けなければならない。

(押印手続)

第7条 公印を使用する場合は、押印を要する文書に決裁済の原議書を添付し、管理者に提示して、その承認を受けなければならない。

2 前項の規定により公印の使用の承認を受けたときは、公印使用簿(様式第2号)に必要な事項を記載しなければならない。ただし、文書の用途及び数量等の都合により管理者が認めたときは、公印使用簿への記載を省略することができる。

3 公印は、指定された場所以外で使用してはならない。ただし、管理者が特にやむを得ないと認めたときは、この限りでない。

(印影の印刷)

第8条 公印を使用する文書で同一のものを多量に印刷する場合で特に必要があるものについては、議長の決裁を経て、当該公印の印影を刷り込むことができる。

(事故報告)

第9条 公印を紛失し、又は損傷したときその他公印の使用に関し事故があったときは、管理者は、直ちに議長に報告し、適正な措置を講じなければならない。

(補則)

第10条 この規程に定めるもののほか公印の管理及び使用に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月28日議会規程第1号)

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成29年4月1日議会規程第1号)

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

(平29議会規程1・一部改正)

名称

寸法(ミリメートル)

書体

使用する文書の区分

個数

佐賀市議会印

方21

てん書

佐賀市議会名をもって発する公文書

1

佐賀市議会議長之印

方23

佐賀市議会議長名をもって発する公文書

1

佐賀市議会副議長印

方23

佐賀市議会副議長名をもって発する公文書

1

佐賀市議会事務局長印

方24

古印体

佐賀市議会事務局長名をもって発する公文書

1

佐賀市議会事務局議会総務課長之印

方18

佐賀市議会事務局議会総務課長名をもって発する公文書

1

画像

画像

佐賀市議会公印規程

平成17年10月31日 議会規程第4号

(平成29年4月1日施行)