○滝沢市教育委員会職員服務規程

平成18年3月31日

教育委員会訓令第10号

注 平成27年3月から改正経過を注記した。

滝沢村教育委員会服務規程(昭和51年滝沢村教育委員会規程第3号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この訓令は、別に定めがあるもののほか、教育委員会事務局及び教育機関における常勤の一般職の職員(市町村立学校職員の給与等に関する条例(昭和28年岩手県条例第49号)の適用を受ける教職員を除く。以下「職員」という。)の服務に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 各課等の長 教育委員会事務局の課長及び教育機関の長をいう。

(2) 所属長 次の表の左欄に掲げる職員の区分に従い、同表の右欄に掲げる者又はその代理をする者をいう。

教育次長

教育長

各課等の長(市立学校の校長を除く。)

教育次長

上記以外の職員

各課等の長

(平27教委訓令3・一部改正)

(職員の服務)

第3条 職員の服務に関しては、滝沢市職員服務規程(平成14年滝沢村訓令第14号)第3条から第16条までの規定を準用する。この場合において、同規程第3条から第16条までの規定中「総務課長」とあるのは「教育総務課長」と、「出先機関」とあるのは「教育機関」と、「市長」とあるのは「教育長」と読み替えるものとする。

(平27教委訓令3・一部改正)

(補則)

第4条 この訓令に定めるもののほか、職員の服務等に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の日前に、現に滝沢村教育委員会服務規程(昭和51年滝沢村教育委員会規程第3号)に定めるところによりなされた処分、手続きその他の行為は、なお従前の例による。

附 則(平成19年3月23日教委訓令第1号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月26日教委訓令第1号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成22年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 現に改正前の訓令の規定によりされた処分、手続その他の行為は、この訓令による改正後の訓令の規定によりされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成25年12月13日教委訓令第2号抄)

(施行期日)

1 この訓令は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日教委訓令第3号)

この訓令は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成27年3月24日教委訓令第3号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

滝沢市教育委員会職員服務規程

平成18年3月31日 教育委員会訓令第10号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
平成18年3月31日 教育委員会訓令第10号
平成19年3月23日 教育委員会訓令第1号
平成22年3月26日 教育委員会訓令第1号
平成25年12月13日 教育委員会訓令第2号
平成25年12月13日 教育委員会訓令第3号
平成27年3月24日 教育委員会訓令第3号