○滝沢市立学校屋外運動場照明施設に関する条例

平成8年3月18日

条例第7号

滝沢村立学校屋外運動場照明施設に関する条例(昭和54年滝沢村条例第7号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 市民の体力向上とスポーツの普及振興を図るため、次のとおり滝沢市立学校屋外運動場照明施設(以下「照明施設」という。)を設置する。

名称

位置

滝沢市立滝沢南中学校屋外運動場照明施設

滝沢市鵜飼滝向11番地1

滝沢市立滝沢第二中学校屋外運動場照明施設

滝沢市巣子152番地91

(休業日)

第2条 照明施設の休業日は、12月29日から翌年の1月3日までとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、変更することができる。

(使用時間)

第3条 照明施設の使用時間は、午後7時から午後9時までとする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、変更することができる。

(使用等の許可)

第4条 照明施設を使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとする場合も同様とする。

2 市長は、使用者が体育及びレクリエーション活動を行うとき又は市長が公益上必要と認めたときは、前項の許可を行うものとする。

3 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、照明施設の使用を許可しない。

(1) 公安、風俗その他公益を害するおそれがあるとき。

(2) 照明施設を損傷し、又は汚損するおそれがあるとき。

(3) 学校教育上支障があると認めるとき。

(4) その他市長が照明施設の管理上不適当と認めるとき。

4 市長は、第1項の許可に当たって照明施設の管理上必要な条件を付することができる。

(使用許可の取消し等)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用の許可を取り消し、又は使用を停止させることができる。

(1) 教育上支障があると認められたとき。

(2) 虚偽の申請により使用の許可を受けたとき。

(3) この条例又はこの条例による処分に違反したとき。

(4) 使用の許可後に前条第3項各号のいずれかに該当すると認めたとき。

(5) 公益上やむを得ない理由が生じたとき。

2 前項の取消し等により生じた損害については、市長は、その賠償について責めを負わない。

(使用料及び納付期限)

第6条 第4条第1項の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、別表に掲げる額を納付しなければならない。

2 前項に規定する使用料は、許可の際に徴収する。ただし、市長が特に必要と認めるものについては、この限りでない。

(使用料の減免)

第7条 市長は、特に必要と認めたときは、使用料の全部又は一部を免除することができる。

(使用料の還付)

第8条 既納の使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 照明施設の管理のため市長が使用の許可を取り消したとき。

(2) 使用者の責めによらない理由で使用できなくなったとき。

(3) その他市長が特別の理由があると認めるとき。

(損害賠償等)

第9条 使用者は、その使用により照明施設を損傷し、又は汚損したときは、市長の指示するところにより原状に回復し、又は損害を賠償しなければならない。ただし、市長は、やむを得ない理由があると認めるときは、損害賠償額を減額し、又は免除することができる。

(指定管理者による管理等)

第10条 市長は、照明施設の設置の目的を効果的に達成するため又は管理運営上必要があると認めるときは、指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に照明施設の管理を行わせることができる。

2 前項の規定により指定管理者に照明施設の管理を行わせる場合の当該指定管理者が行う業務は、次に掲げる業務とする。

(1) 照明施設の使用の許可に関する業務

(2) 施設、設備等の維持管理に関する業務

(3) 照明施設の休業日又は使用時間の変更に関する業務。ただし、休業日又は使用時間を変更する場合は、あらかじめ市長の承認を受けなければならない。

(4) 前3号に掲げるもののほか、照明施設の運営に関する事務のうち、市長が必要と認めた業務

3 第1項の規定により指定管理者に管理を行わせる場合にあっては、第2条から第5条の規定中「市長」とあるのは「指定管理者」として、これらの規定を適用する。

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、照明施設の管理等に関し必要な事項は、市長が規則で定める。

附 則

この条例は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年3月19日条例第6号抄)

1 この条例は、平成9年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

附 則(平成12年3月16日条例第8号)

(施行期日)

1 この条例は、平成12年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行前に改正前のそれぞれの条例に基づく規則若しくは教育委員会規則の規定によりされた許可の処分その他の行為(以下「処分等の行為」という。)又はこの条例の施行の際現に改正前のそれぞれの条例に基づく規則若しくは教育委員会規則の規定によりされている許可の申請その他の行為(以下「申請等の行為」という。)は、改正後のそれぞれの条例の相当規定によりなされた処分等の行為又は申請等の行為とみなす。

3 この条例の施行前に行った行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。

附 則(平成14年12月25日条例第31号)

この条例は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月25日条例第10号)

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日前に、現に改正前のそれぞれの条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、なお従前の例による。

附 則(平成17年9月16日条例第15号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。(後略)

附 則(平成18年3月20日条例第6号)

この条例は、平成18年7月1日から施行する。(後略)

附 則(平成22年6月25日条例第14号)

この条例は、平成22年7月1日から施行する。

附 則(平成23年3月18日条例第5号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日条例第49号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日条例第50号)

この条例は、平成26年1月1日から施行する。

別表(第6条関係)

(単位:円)

区分

全灯30分までごとに

滝沢市立滝沢南中学校屋外運動場照明施設

310

滝沢市立滝沢第二中学校屋外運動場照明施設

1,080

1 上記の表に定める額は、基本使用料とする。

2 市外に住所を有する者が使用する場合は、当該基本使用料の2倍の額とする。

滝沢市立学校屋外運動場照明施設に関する条例

平成8年3月18日 条例第7号

(平成26年1月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 学校教育
沿革情報
平成8年3月18日 条例第7号
平成9年3月19日 条例第6号
平成12年3月16日 条例第8号
平成14年12月25日 条例第31号
平成17年3月25日 条例第10号
平成17年9月16日 条例第15号
平成18年3月20日 条例第6号
平成22年6月25日 条例第14号
平成23年3月18日 条例第5号
平成25年12月13日 条例第49号
平成25年12月13日 条例第50号