○滝沢市生涯学習推進会議設置規程

平成26年5月14日

訓令第26号

(設置)

第1条 生涯にわたる生きがいがもてる充実した学習環境の実現に向け、関係部局の連絡調整を図り、生涯学習を総合的かつ効果的に推進普及するため、滝沢市生涯学習推進会議(以下「推進会議」という。)を設置する。

(協議事項)

第2条 推進会議は、次に掲げる事項を協議するものとする。

(1) 生涯学習に関する総合的施策の企画立案及び推進に関すること。

(2) 滝沢市生涯学習推進計画の策定に関すること。

(3) 生涯学習関連事業の部局間における連絡調整に関すること。

(4) 生涯学習の普及奨励に関すること。

(5) 生涯学習に係る市民意識調査研究等に関すること。

(6) その他生涯学習の推進に必要な事項に関すること。

(組織)

第3条 推進会議は、市長、副市長、教育長及び次に掲げる会議構成員をもって組織する。

(2) 教育委員会事務局教育次長

(3) 議会事務局長

(4) 滝沢市上下水道部長

(平27訓令8・一部改正)

(会議)

第4条 市長は、推進会議を主宰し議長となる。

2 市長が不在の場合は、副市長が主宰し議長となる。また、市長及び副市長が不在の場合には、教育長が主宰し議長となる。

3 推進会議は、必要に応じて市長が招集する。

4 市長は、推進会議において必要と認めるときは、第3条に規定する者以外の者の出席を求めることができる。

5 市長は、滝沢市生涯学習推進協議会に対し、事業に関する連携協力や各種調整の依頼を行う。

(幹事会)

第5条 推進会議に幹事会を置く。

2 幹事会は、幹事長、副幹事長及び幹事により構成する。

3 幹事長は教育委員会事務局教育次長をもって充て、副幹事長は生涯学習スポーツ課長をもって充てる。

4 幹事は、生涯学習関連事業等に関する各課長、室長、所長、館長等をもって充てる。

5 幹事会の会議は、必要に応じて幹事長が招集し、幹事長が議長となる。また、副幹事長は、幹事長を補佐し、幹事長に事故あるとき又は幹事長が欠けたときはその職務を代理する。

6 幹事会の協議事項は、次のとおりとする。

(1) 生涯学習の推進に係る企画立案及び部局間における連絡調整に関すること。

(2) 生涯学習の普及奨励に関すること。

(3) 生涯学習に係る調査研究に関すること。

(4) その他生涯学習の推進に必要な事項に関すること。

7 幹事長は、必要と認めるときは、幹事以外の者の出席を求めることができる。

(平27訓令8・平29訓令17・一部改正)

(担当者会議)

第6条 幹事会に、生涯学習に関する専門的な事項の企画立案又は調査並びに生涯学習の推進に必要な検討を行うため担当者会議を設置する。

2 担当者会議に議長を置き、議長は生涯学習スポーツ課長をもって充てる。

3 担当者会議に参加する委員は生涯学習事業等に関する各課、室、所、館等の担当者をもって充てる。

4 担当者会議の協議事項は、次のとおりとする。

(1) 幹事会協議事項に関する協議・調整に関すること。

(2) 幹事会が決定した施策の推進に関する実務的な処理に関すること。

(3) その他生涯学習の推進に必要な事項に関すること。

5 議長は、必要と認めるときは、委員以外の者の出席を求めることができる。

(平27訓令8・平29訓令17・一部改正)

(庶務)

第7条 推進会議の庶務は、教育委員会事務局生涯学習スポーツ課において処理する。

(平27訓令8・平29訓令17・一部改正)

(補則)

第8条 この訓令に定めるもののほか、推進会議の運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成26年5月14日から施行する。

(滝沢市生涯学習推進本部設置規程の廃止)

2 滝沢市生涯学習推進本部設置規程(平成8年滝沢村訓令第16号)は、平成26年5月14日を持って廃止する。

附 則(平成27年3月30日訓令第8号抄)

(施行期日)

1 この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日訓令第17号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

滝沢市生涯学習推進会議設置規程

平成26年5月14日 訓令第26号

(平成29年4月1日施行)