○滝沢市乳幼児一般健康診査実施規則

平成21年9月30日

規則第30号

(目的)

第1条 この規則は、母子保健法(昭和40年法律第141号)第13条の規定による乳幼児の健康診査について一層の徹底を図るため、公費負担による乳幼児一般健康診査(以下「乳幼児健診」という。)の受診票を交付し、もって子育ての経済的支援及び疾病の予防を図ることを目的とする。

(対象者)

第2条 乳幼児健診の対象者は、滝沢市に住所を有する乳幼児とする。

(健康診査の実施)

第3条 公費負担による乳幼児健診は、市長が契約した医療機関に委託して行うものとする。

2 公費負担の回数は、1人につき3回以内とする。

(健康診査の内容及び単価)

第4条 医療機関に委託する乳幼児健診の内容及び単価は、市長が別に定める。ただし、市長の定めのない検査又は治療に係る費用は自己負担とする。

(受診票の交付)

第5条 市長は、戸籍法(昭和22年法律第224号)第49条の規定に基づく出生の届出者に対して、実施対象者であることを確認のうえ、乳幼児一般健康診査受診票(以下「受診票」という。)を交付するものとする。なお、転入者については、前住所地での受診状況を確認し、未受診分を交付するものとする。

(受診の方法)

第6条 この規則により乳幼児健診を受けようとする乳幼児の保護者は、受診票と共に母子健康手帳を医療機関に提出することとし、医療機関は、乳幼児健診の結果を母子健康手帳に記入するものとする。

(委託料の請求及び支払)

第7条 契約医療機関は、乳幼児健診の費用を月ごとに取りまとめ、別に定める請求書に受診票を添付して、翌月20日までに市長に請求するものとする。

2 市長は、前項の規定による請求書の提出があったときは、内容を審査し、適当と認められるときは、30日以内に当該医療機関に委託料を支払うものとする。

3 契約医療機関が請求できる額は、第4条に定める額とする。

(事後指導)

第8条 市長は、乳幼児健診の結果に基づき、関係機関との連絡を密にし、必要に応じ事後指導を行うものとする。

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか、乳幼児健診の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

この規則は、公布の日から施行し、平成21年4月1日から適用する。

附 則(平成25年12月13日規則第45号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日規則第46号)

この規則は、平成26年1月1日から施行する。

滝沢市乳幼児一般健康診査実施規則

平成21年9月30日 規則第30号

(平成26年1月1日施行)