○滝沢市臨時保健専門職員任用人事事務取扱規程

平成15年3月31日

訓令第9号

(趣旨)

第1条 この訓令は、保健事業に係る臨時保健専門職員(以下「臨時保健専門職員」という。)の任用、給与その他身分取扱いについて基本的な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において「臨時保健専門職員」とは、保健師、看護師、栄養士等の資格を有し専門的な知識及び技能をもって業務を遂行する者をいう。

(任用)

第3条 臨時保健専門職員の任用は、市長が行うものとする。

2 臨時保健専門職員の任用は、1年以内の任期で行うものとする。

3 臨時保健専門職員の任用は、臨時保健専門職員任用通知書(様式第1号)を交付して行うものとする。

4 所属長は、前号の規定により臨時保健専門職員を任用するときは、当該本人から履歴書及び資格を証明する書類(免許証等)の提出を求めなければならない。

5 所属長は、臨時保健専門職員を任用する場合又は任用の期間を更新しようとする場合若しくは職員から退職の申出を承認する場合は、直ちにその旨を臨時保健専門職員任用報告書(様式第2号)等により市長に報告しなければならない。

(服務)

第4条 臨時保健専門職員の服務については、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 職務を遂行するにあたっては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。

(2) 職務を遂行するにあたっては、法令、条例、規則及び要綱等に従い、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

(3) その職の信用を傷つけるような行為をしてはならない。

(4) 市長の許可を受けた場合を除き、職務上知りえた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また、同様とする。

(勤務日数及び勤務時間)

第5条 臨時保健専門職員の勤務日は、別に定め本人に通知するものとする。

2 臨時保健専門職員の勤務日は、1月につき常勤職員の所定労働日数の概ね4分の3以内とし、原則として日曜日及び土曜日は週休日(勤務時間を割り振らない日)とする。

3 臨時保健専門職員の勤務時間は、1日8時間以内とし、1日6時間を超える場合は、45分の休憩時間を置くものとする。

(給与)

第6条 臨時保健専門職員の給与は、賃金とする。

2 賃金は、時間給とし、一日に従事した時間をもって算出するものとする。

3 臨時的専門職員の賃金額は、別に定めるところにより決定するものとする。

4 臨時的専門職員で通勤距離が片道2キロメートルを超えている者に対し、1日につき別に定める額の範囲内の金額を支払うものとする。

(費用弁償)

第7条 臨時保健専門職員が職務のため旅行したときは、滝沢市旅費条例(昭和57年滝沢村条例第15号)に定めるところにより、その費用を弁償する。費用弁償の額は、一般職の職員の例による。

(厚生)

第8条 臨時保健専門職員については、滝沢市職員安全衛生管理規程(昭和62年滝沢村訓令第2号)の規定を準用するものとする。

(公務災害補償)

第9条 臨時保健専門職員には、労働者災害補償保険法(昭和22年法律第50号)又は市町村議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例(平成元年岩手県市町村総合事務組合条例第10号)が適用されるものであること。

(社会保険)

第10条 臨時保健専門職員には、健康保険法(大正11年法律第70号)、厚生年金保険法(昭和29年法律第115号)又は雇用保険法(昭和49年法律第116号)は適用されない。

(補則)

第11条 この訓令に定めるもののほか、臨時保健専門職員の任用等に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成16年11月11日訓令第35号)

(施行期日)

1 この訓令は、令達の日から施行する。

(経過措置)

2 現に改正前の訓令の規定によりされた処分、手続その他の行為は、この訓令による改正後の訓令の規定によりされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成20年3月7日訓令第3号)

この訓令は、平成20年3月7日から施行する。

附 則(平成25年12月13日訓令第29号抄)

(施行期日)

1 この訓令は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日訓令第30号)

この訓令は、平成26年1月1日から施行する。

画像

画像

滝沢市臨時保健専門職員任用人事事務取扱規程

平成15年3月31日 訓令第9号

(平成26年1月1日施行)