○滝沢市都市公園条例施行規則

昭和62年6月9日

規則第11号

注 平成27年12月から改正経過を注記した。

(趣旨)

第1条 この規則は、滝沢市都市公園条例(昭和62年滝沢村条例第11号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(行為の許可の申請書等)

第2条 条例第2条第1項の許可を受けようとする者は、様式第1号による申請書を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請があったときは、内容を審査し、許可又は不許可の結果を様式第10号により申請者に通知しなければならない。

3 条例第2条第2項の規則で定める事項は、次の各号に掲げる場合に応じ、当該各号に定める事項とする。

(1) 物品を販売し、又は頒布する場合 販売品目、販売価格、販売時間、従事者数、販売等の方法及び火気使用の有無並びに現場責任者の住所、氏名及び連絡先

(2) 競技会、集会、展示会その他これらに類する催しのために都市公園の全部又は一部を独占して使用する場合 日程、料金等の額、参集予定人数、使用する主な機材及び火気使用の有無並びに現場責任者の住所、氏名及び連絡先

(3) 募金、署名運動その他これらに類する行為をする場合 募金等の時間及び従事者数並びに現場責任者の住所、氏名及び連絡先

(4) 映画その他のロケーションをする場合 ロケーションの時間、撮影のための人員、撮影料金、カメラその他の撮影機の台数及び火気使用の有無並びに現場責任者の住所、氏名及び連絡先

4 条例第2条第3項の許可を受けようとする者は、様式第2号による申請書を市長に提出しなければならない。

5 市長は、前項の申請があったときは、内容を審査し、許可又は不許可の結果を様式第10号により申請者に通知しなければならない。

(平27規則42・全改)

(許可を要しない場合)

第2条の2 条例第2条第1項ただし書の規則で定める場合は、次に掲げるものとする。

(1) 有料の公園施設以外の公園施設を使用して学校等が行う遠足、遊戯その他これに類する行為であって、次のいずれにも該当するとき。

 他の使用者の妨げとならないで行うことができること。

 試合、競走等の行為をしないこと。

 天幕その他の物件の設置による土地使用がないこと。

(2) 報道又は広報を目的とするロケーションで、公園の管理又は公衆の使用に著しい支障を及ぼすおそれのないとき。

(3) 自治会等が、あらかじめ地域住民に周知して地域行事を行うとき。ただし、滝沢総合公園で行うときを除く。

(平27規則42・追加)

(行為の禁止)

第2条の3 条例第4条第10号の規則で定める行為は、次に掲げるものとする。

(1) 市長が指定し、又は指示した場所以外の場所でゴルフ、野球、ローラースケートその他これらに類する行為をすること。

(2) 条例第2条第1項若しくは第3項又は条例第6条第2項の許可を受けずに次の行為をすること。

 動物を放すこと。

 無人飛行機(航空法(昭和27年法律第231号)第2条第22項に規定するものをいう。)を飛行させること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が都市公園ごとに定める行為をすること。

(平27規則42・追加)

(行為の禁止を適用しない場合)

第2条の4 条例第4条ただし書の規則で定める特別な場合は、次に掲げるものとする。

(1) 公務を執行するとき。

(2) 都市公園法(昭和31年法律第79号。以下「法」という。)第5条第1項又は法第6条第1項若しくは第3項の許可を受けた物件等の当該許可期間内において、当該許可に含まれない維持管理(法第5条第1項に規定する管理に該当する場合を除く。)の必要が生じたとき。

(3) 地域の交通の安全等のため、当該地域の都市公園に車両を一時的に駐車させる必要があるとき。

(4) その他公共の福祉のため市長が必要と認めるとき。

2 前項に規定する特別な場合において、条例第4条各号に掲げる行為をしようとする者は、当該行為日の7日前までに、様式第2号の2による申請書を市長に提出し、様式第10号の2による承認通知書により承認を受けなければならない。この場合において、当該行為に都市公園の工事又は公園施設の移動等を伴うときは、当該申請書に設計書、仕様書及び図面を添付しなければならない。

3 前項の規定にかかわらず、緊急やむを得ない場合は、口頭で申請することができる。ただし、事後速やかに様式第2号の2による申請書を提出しなければならない。

4 市長は、第2項の承認に都市公園の管理上必要な範囲内で条件を付することができる。

(平27規則42・追加)

(堆雪場としての使用)

第2条の5 条例第4条の2前段の規則で定める都市公園は、滝沢総合公園及び市長が定めるその他の都市公園以外の都市公園とする。

2 条例第4条の2後段の規則で定める事項は、次のとおりとする。

(1) 門扉、柵、遊具、建物、水道、竹木その他これらに類するものの周辺には堆雪しないこと。

(2) 市外から又は営利を目的として他人の土地から収集した雪を搬入しないこと。

(3) 雪を搬入する者は、雪の崩落、人の埋没等の危険の防止に十分な配慮をし、及びその危険を知った者は、速やかに市長にその旨を知らせること。

(4) 使用後に清掃を行うこと。

(5) その他市長が必要に応じて定める事項

(平27規則42・追加)

(有料の公園施設の使用申請書)

第3条 条例第6条第2項の許可を受けようとする者は、様式第3号による許可申請書を3日前までに市長に提出しなければならない。

2 条例第6条第2項の許可を受けた者が、許可事項を変更しようとするときは、様式第4号による使用許可変更申請書を市長に提出しなければならない。

3 使用を取りやめるときは、様式第5号による使用取消届出書により速やかに市長に届け出なければならない。

4 市長は、第1項の申請があったときは、内容を審査し、許可又は不許可の結果を様式第11号により申請者に通知しなければならない。

5 市長は、第2項の申請があったときは、内容を審査し、許可又は不許可の結果を様式第4号により申請者に通知しなければならない。

(平27規則42・一部改正)

(公園施設の設置若しくは管理又は占用の許可申請書)

第4条 法第5条第1項前段に規定する公園施設の設置又は管理の許可を受けようとする者は、様式第6号による申請書を市長に提出しなければならない。

2 法第5条第1項後段に規定する変更の許可を受けようとする者は、様式第7号による申請書を市長に提出しなければならない。

3 法第6条第1項に規定する都市公園の占用の許可を受けようとする者は、様式第8号による申請書を市長に提出しなければならない。

4 法第6条第3項に規定する変更の許可を受けようとする者は、様式第9号による申請書を市長に提出しなければならない。

(平27規則42・一部改正)

(法第5条第1項並びに法第6条第1項及び第3項の許可に係る許可証等の交付)

第5条 市長は、前条第1項又は第2項の申請があったときは、内容を審査し、許可又は不許可の結果を様式第12号により申請者に通知しなければならない。

2 市長は、前条第3項又は第4項の申請があったときは、内容を審査し、許可又は不許可の結果を様式第13号により申請者に通知しなければならない。

(平27規則42・全改)

(使用料納入期限の特例)

第5条の2 条例第14条ただし書の規定は、国、地方公共団体等の使用に適用し、納入期限は許可又は使用の日から30日以内とする。

(使用料の減免)

第6条 条例第15条の規定による使用料の減免基準及びその取扱いについては、滝沢市公の施設使用料の減免団体の減免基準取扱要綱(平成19年滝沢村告示第62号)の規定による。

2 条例第15条の規定により使用料の減免を受けようとする者は、様式第14号による申請書を市長に提出しなければならない。

3 市長は、前項の申請があったときは、内容を審査し、許可又は不許可の結果を様式第15号により申請者に通知しなければならない。

(平27規則42・全改)

(使用料の還付)

第7条 条例第16条ただし書の規定により、使用料の還付を受けようとするものは、様式第14号による請求書を市長に提出しなければならない。

(保管した工作物等の公示場所等)

第8条 条例第10条の4第1項第1号及び条例第10条の7第1項の規則で定める場所は、工作物その他の物件又は施設(以下「工作物等」という。)が放置されていた都市公園内の公衆の見やすい場所とする。

2 条例第10条の4第2項の規則で定める保管工作物等一覧簿の様式は、様式第16号とする。

3 条例第10条の4第2項の規則で定める場所は、都市公園の管理を主管する課とする。

(平27規則42・一部改正)

(競争入札における掲示事項等)

第9条 条例第10条の7第1項及び第2項の規則で定める事項は、次に掲げるものとする。

(1) 入札執行の場所及び日時

(2) その他市長が必要があると認める事項

(工作物等の返還に係る受領書の様式)

第10条 条例第10条の8の規則で定める受領書の様式は、様式第17号とする。

(平27規則42・一部改正)

(指定管理者による管理等)

第11条 条例第21条第1項の規定により指定管理者に都市公園の管理を行わせる場合は、必要な限度において、当該管理に係る条例第5条及び第2条の4の規定に係る事務を併せて行わせるものとする。

2 条例第21条第1項及び前項の規定により指定管理者に都市公園の管理を行わせる場合は、第2条第1項第2項第4項及び第5項第2条の4第2項及び第4項並びに第3条中「市長」とあるのは「指定管理者」として、これらの規定を適用する。

(平27規則42・全改)

(補則)

第12条 この規則に定めるもののほか、都市公園の管理等に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年3月31日規則第28号)

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 現に改正前の滝沢村都市公園条例施行規則(昭和62年滝沢村規則第11号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、なお従前の例による。

附 則(平成18年3月22日規則第12号)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に使用している改正前のそれぞれの様式は、この規則の施行後も当分の間使用することができる。

附 則(平成22年7月1日規則第21号)

この規則は、平成22年7月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日規則第45号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月13日規則第46号)

この規則は、平成26年1月1日から施行する。

附 則(平成27年12月18日規則第42号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。ただし、第2条の改正規定、第2条の次に4条を加える改正規定(第2条の5に係る部分を除く。)、第3条第1項及び第2項の改正規定、同条に2項を加える改正規定、第4条第1項の改正規定、第5条の改正規定、第6条の改正規定及び第11条の改正規定並びに様式第1号及び様式第2号の改正規定、様式第2号の次に1様式を加える改正規定、様式第4号の改正規定、様式第10号の改正規定、様式第10号の次に1様式を加える改正規定、様式第11号から様式第13号までの改正規定及び様式第15号の改正規定は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日前にこの規則による改正前の滝沢市都市公園条例施行規則の規定によりなされた処分その他の行為又は申請その他の行為は、この規則による改正後の滝沢市都市公園条例施行規則の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この規則の施行の際現にこの規則による改正前の滝沢市都市公園条例施行規則の規定に基づき有料の公園施設の管理を行っている指定管理者がその指定の期間において行う業務は、なお従前の例による。

(平27規則42・全改)

画像

(平27規則42・全改)

画像

(平27規則42・追加)

画像

画像

(平27規則42・全改)

画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

(平27規則42・全改)

画像

(平27規則42・追加)

画像

(平27規則42・全改)

画像

(平27規則42・全改)

画像

(平27規則42・全改)

画像

画像

(平27規則42・全改)

画像

画像

画像

滝沢市都市公園条例施行規則

昭和62年6月9日 規則第11号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第3章 都市計画
沿革情報
昭和62年6月9日 規則第11号
平成17年3月31日 規則第28号
平成18年3月22日 規則第12号
平成22年7月1日 規則第21号
平成25年12月13日 規則第45号
平成25年12月13日 規則第46号
平成27年12月18日 規則第42号