○永平寺町職員の記章に関する規程

平成18年2月13日

訓令第14号

(趣旨)

第1条 この訓令は、永平寺町職員の記章(以下「記章」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(記章)

第2条 記章は、別表のとおりとする。

(着用)

第3条 すべての常勤の永平寺町職員(臨時職員を除く。以下「職員」という。)は、常に記章を着用して永平寺町職員であることを自覚し、公務員としての職務に専念するとともに、その職の信用を傷つけ、又は不名誉となる行為をしてはならない。

2 記章は、背広服又はこれに類似した服装にあっては見返し左方飾穴に、詰えり服にあっては左えり前方にその他にあっては左胸上部に着用しなければならない。

3 職員は、特別の事情のない限りほかの記章等を着用してはならない。

第4条 記章は、一連番号を付し、職員に貸与するものとする。

2 記章は、職員として採用された場合及び次条第2項の規定による場合に、記章番号を台帳に登録して交付する。

3 職員は、職員でなくなった場合には、速やかに所管課長を経て総務課長に記章を返還しなければならない。

第5条 職員は、記章の取扱いについては周到な注意を払い、紛失し、又は損傷しないように努めなければならない。

2 職員が記章を紛失し、又は損傷した場合には、その事由を具し所管課長を経て総務課長に再交付の申請をしなければならない。

3 職員は、記章を他人に貸与し、又は売買してはならない。

第6条 職員が故意にこの訓令に違反した場合には、相当な処分を行うことがある。

附 則

この訓令は、平成18年2月13日から施行する。

別表(第2条関係)

永平寺町記章

永平寺町職員の記章に関する規程

平成18年2月13日 訓令第14号

(平成18年2月13日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
平成18年2月13日 訓令第14号